2014年06月08日

今回取り上げる文献は : Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.

今回取り上げる文献は
Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.

1958年生まれのコホートにおける喘息と職業

Thorax. 2013 Jan 21. doi: 10.1136/thoraxjnl-2012-202151. [Epub ahead of print] Imperial College (UK)

▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OBJECTIVE: To examine the association of adult onset asthma with
lifetime exposure to occupations and occupational exposures.

目的:成人喘息の発症と、生涯の就業および職業上の曝露因子との関連性を調査すること。


METHODS: We generated lifetime occupational histories for 9488
members of the British 1958 birth cohort up to age 42 years.

Blind to asthma status, jobs were coded to the International
Standard Classification of Occupations 1988 and an Asthma Specific
Job Exposure Matrix (ASJEM) with an expert re-evaluation step.


Associations of jobs and ASJEM exposures with adult onset asthma
were assessed in logistic regression models adjusting for sex,
smoking, social class at birth and childhood hay fever.



方法:我々は、英国で1958年に生まれた9488名について42歳までの職業経歴を作成した。

喘息発症に関しては盲検化したうえで、専門家が1988年の国際標準職業分類と
Asthma Specific Job Exposure Matrix(ASJEM)を使用して職業をコード分類し直した。

職業およびASJEM曝露因子と、成人喘息発症との関連性はロジスティック回帰モデルを用い
、性、喫煙歴、出生時の社会的地位および小児期の花粉症を調整因子として評価した。




RESULTS: Of the 7406 cohort members with no asthma or wheezy bronchitis
in childhood, 639 (9%) reported asthma by age 42 years.

結果:小児期に喘息や喘鳴を伴う気管支炎に罹患しなかった7406名のコホートのうち、
639名(9%)が42歳までに喘息を発症していた。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

asthma 【名】喘息

exposure 【名】曝露、露出

generate 【動】生成する、作成する

blind 【形】目の不自由な、盲目的な

assess 【動】評価する、査定する

regression 【名】回帰、退行

bronchitis 【名】気管支炎

posted by ホーライ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

GH Replacement Improves Quality of Life and Metabolic Parameters in Cured Acromegalic Patients with Growth Hormone Deficiency.

●●●今回取り上げる文献

J Clin Endocrinol Metab. 2012 Aug 17.
University of Milan

GH Replacement Improves Quality of Life and Metabolic Parameters in Cured Acromegalic Patients with Growth Hormone Deficiency.

先端巨大症が治癒した後に成長ホルモン分泌不全症を発症した患者における成長ホルモン補充療法によるQOLおよび代謝パラメーターの改善



Abstract

Objective:Effects of GH replacement in patients with GH deficiency (GHD) after a cure for acromegaly so far have been poorly studied, although its prevalence among acromegalic patients may reach the 60%.

目的:先端巨大症が治癒した後に、成長ホルモン分泌不全症(GHD)を発症する割合は60%に達すると推測されているが、これまで、その患者に対する成長ホルモン(GH)補充療法の有効性についてはほとんど研究されてこなかった。



【重要英単語】

GH=growth hormone 成長ホルモン
GHD 成長ホルモン分泌不全症
Metabolic Parameters 代謝パラメーター




The aim of the study was to evaluate whether metabolic parameters and quality of life are improved by GH replacement in patients with prior acromegaly and severe GHD.

今回の研究の目的は、先端巨大症が治癒した後に重度のGHDを発症した患者において、GH補充療法がQOLおよび代謝パラメーターを改善するか否かを評価することであった。


【重要英単語】

aim【名】目的
evaluate【動】評価する





Design and Methods:This was a prospective study on 42 GHD subjects [22 men, mean age (sd): 48 ± 10]: 10 acromegalics treated with recombinant human GH (group A), 12 acromegalics who refused treatment (group B), and 20 subjects operated for nonfunctioning pituitary adenoma on recombinant human GH (group C).


試験デザインおよび方法:本研究は、42例のGHD患者(男性は22例、平均年齢(標準偏差)は48±10歳)を対象とした前向き研究であり、A群の10例には先端巨大症が治癒した後に遺伝子組み換え型のヒトGHを投与し、B群の12例は先端巨大症が治癒した後のGH投与を拒否し、C群の20例には非機能性下垂体腺腫の治療として遺伝子組み換え型のヒトGHを投与した。


【重要英単語】

prospective study 前向き研究
recombinant【名】遺伝子組み換え型
nonfunctioning pituitary adenoma 非機能性下垂体腺腫






Serum IGF-I levels, lipid profile, glucose levels (fasting and after an oral glucose tolerance test), glycosylated hemoglobin, insulin resistance (homeostasis model assessment insulin resistance index), anthropometric parameters (body mass index, waist circumference, body composition), and quality of life (Questions on Life Satisfaction-Hypopituitarism Z-scores) were evaluated at baseline and after 12 and 36 months.


血清中のIGF-I濃度、脂質プロファイル、グルコース濃度(空腹時および経口ブドウ糖負荷試験後)、糖化ヘモグロビン、インスリン抵抗性(homeostasis model assessment insulin resistance index:HOMA指数)、身体測定パラメーター(BMI、ウエスト周囲径、身体組成)、およびQOL(質問票であるQuestions on Life Satisfaction-HypopituitarismのZスコア)を、ベースライン時、12ヵ月後および36ヵ月後に評価した。


【重要英単語】

Serum【名】血清
lipid profile 脂質プロファイル
glycosylated hemoglobin 糖化ヘモグロビン






Results:At baseline, group B showed higher IGF sd score than group A and C, as well as better quality of life and higher post-oral glucose tolerance test glucose levels than group A.

結果:ベースライン時において、B群は、AおよびC群よりIGFのSDスコアが高いだけでなく、A群よりQOLが優れており経口ブドウ糖負荷試験での血糖値も高かった。


【重要英単語】

oral glucose tolerance test 経口ブドウ糖負荷試験






After 12-months, similarly in group A and C, the IGF-I sd score significantly increased, and body composition and lipid profile improved, without deterioration of glucose tolerance.

12ヵ月後において、A群とC群は同様に、IGF-IのSDスコアが有意に増加し、身体組成および脂質プロファイルが改善し、耐糖能の低下を認めなかった。


【重要英単語】

significantly【副】有意に
deterioration【名】低下
glucose tolerance 耐糖能




Quality of life significantly improved too, and the baseline difference between group A and B disappeared.

QOLも有意に改善し、A群とB群の間で認められたベースライン時の差異は消失した。


【重要英単語】

improve【動】改善する
difference【名】差異



Results were confirmed after 36 months.

36ヵ月後においても、これらの結果が確認された。



【重要英単語】

result【名】結果
confirmed【形】確認された



Conclusions:

In GHD acromegalic patients, GH therapy improved body composition, lipid profile, and quality of life as in patients with GHD due to nonfunctioning pituitary adenoma, without negative effects on glucose metabolism.


結論:

先端巨大症治療後のGHD患者において、非機能性下垂体腺腫を原因とするGHD患者と同様に、GH療法による身体組成、脂質プロファイルおよびQOLの改善作用が認められ、グルコース代謝への悪影響も認められなかった。


【重要英単語】

negative effect 悪影響




GH replacement therapy should be considered in these patients, as in patients with GHD from other causes.

先端巨大症治療後のGHDに対しても、他の原因で起こるGHDと同様に、GH補充療法が考慮されるべきである。


【重要英単語】

consider【動】〜を考慮する
cause【名】原因



以上
posted by ホーライ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン補充療法に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

お勧めの医学英語の本「これだけは知っておきたい 医学英語の基本用語と表現」

●お勧めの医学英語の本「これだけは知っておきたい 医学英語の基本用語と表現」

医学系英語文献を読むためにお勧めの本。

モニターにもお勧めの英語の本。


「腕を擦りむく」「鼻づまり」など、日常的に誰でも使う用語・表現でありながら、意外と知らないことが多い基本的な用語・日常的会話表現を集めた、今までにない医学英語用語集。

医学生・医師だけでなく、看護師、海外旅行者にも役立つ一冊。

改訂3版では過去10年間の新語を追加し、また基本語・重要語を色文字でわかりやすく表示。


とりあえず、最初の本としてお勧めの「治験に関連する英語」の本です。

まずは、この本を読破して、次に「治験に役立つ英語の本」を読みましょう。






posted by ホーライ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語習得のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧めの医学英語の本「これだけは知っておきたい 医学英語の基本用語と表現」

●お勧めの医学英語の本「これだけは知っておきたい 医学英語の基本用語と表現」

医学系英語文献を読むためにお勧めの本。

モニターにもお勧めの英語の本。


「腕を擦りむく」「鼻づまり」など、日常的に誰でも使う用語・表現でありながら、意外と知らないことが多い基本的な用語・日常的会話表現を集めた、今までにない医学英語用語集。

医学生・医師だけでなく、看護師、海外旅行者にも役立つ一冊。

改訂3版では過去10年間の新語を追加し、また基本語・重要語を色文字でわかりやすく表示。


とりあえず、最初の本としてお勧めの「治験に関連する英語」の本です。

まずは、この本を読破して、次に「治験に役立つ英語の本」を読みましょう。









posted by ホーライ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語習得のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語文献「Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.」を読む

●●●今回取り上げる文献

今回取り上げる文献は

Vision Eye Institute(Australia)
Ophthalmology 2012; 119(5): 891-9.

Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.
フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術の初期成績


RESULTS:

The mean age of patients included was 69.2±9.8 years.

Of the 200 eyes, 74.5% underwent a complete procedure of laser capsulotomy,
lens fragmentation, and corneal incisions.

Five eyes had suction breaks during the laser procedure that led to the remainder
of the laser procedure being aborted.

Twenty-one (10.5%) eyes showed the presence of small anterior capsular tags.

The number of eyes with free-floating capsulotomies was 35 (17.5%).

The other complications during the study were anterior radial tears (n = 8; 4%),
posterior capsular ruptures (n = 7; 3.5%), and dropped nucleus (n = 4; 2%).

A significant difference was noted among the sequential groups with respect to
the number of docking attempts (P<0.001), miosis after the laser procedure
(P<0.001), and free-floating capsulotomies (P<0.001), suggesting an improving
learning curve.

The surgeons with prior experience with femtosecond lasers had fewer
complications in the first 100 cases (P<0.001).

No difference in complications was observed after the initial 100 cases.




結果:

患者の平均年齢は69.2±9.8歳であった。

200眼のうちの74.5%に、レーザー切開、水晶体核破砕および角膜切開の全ての手術を施行した。

5眼は、レーザーを使用した嚢切開中に吸引を中止したため、残りのレーザー手術が施行できなかった。

21眼(10.5%)では、前嚢に小さな嚢片を認めた。

浮遊性の嚢切開が施行できた眼数は、35眼(17.5%)であった。

評価期間中に発現したその他の合併症は、前嚢の放射状の裂け目(8眼:4%)、後嚢の嚢破裂(7眼:3.5%)、
核の欠損(4眼:2%)であった。

縫合を試みた眼数(P<0.001)、レーザー手術後の縮瞳(P<0.001)および浮遊性の嚢切開
(P<0.001)を認めた眼数は、グループ間でグループ順に有意差が認められ、習熟度がグループ順に
高まっていることを示唆している。

最初の100眼において、過去にフェムトセカンドレーザーの使用経験がある眼科外科医が手術を
施行した眼は、合併症の発現頻度が低かった(P<0.001)。

最初の100眼以降では合併症の発現頻度に有意差は認められなかった。




CONCLUSIONS:

In this case series, there was a clear learning curve associated with
the use of femtosecond lasers for cataract surgery.

Adjustment to surgical technique and prior experience with a
femtosecond laser seemed to flatten the learning curve.



結論:

フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術では、経験に応じた習熟度の差が明確に
認められることが、今回の症例研究で示された。

フェムトセカンドレーザーを使用した手術技術に適応し、その経験を積むことで一定の習熟度に達するのだと思われる。



【重要英語】

capsulotomy【名】水晶体嚢切開術
abort【動】打ち切る、中止する
presence【名】存在
attempt【動】〜を試みる
sequential【形】継時的な
observe【動】観察する
flatten【動】平らにする、一定にする


以上
posted by ホーライ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障手術時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

今週の文献:Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.

●●●今回取り上げる文献

今回取り上げる文献は
Vision Eye Institute(Australia)
Ophthalmology. 2012 May;119(5):891-9

Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.
フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術の初期成績

OBJECTIVE: To describe the intraoperative complications and to evaluate the learning curve with femtosecond laser cataract surgery.
目的:フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術時に発現した合併症を明らかにし、その術法の経験に応じた習熟度の差を評価すること


【重要英単語】
describe【動】説明する、明らかにする
intraoperative【形】手術の





DESIGN: Prospective, consecutive cohort study.
研究デザイン:前向きの連続コホート研究

PARTICIPANTS: The first 200 eyes undergoing femtosecond laser cataract surgery and refractive lens exchange in a single center.
評価対象:1つの施設で、フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術と屈折レンズの交換手術が施行された最初の200眼


【重要英単語】
cataract【名】白内障
refractive【形】屈折の






METHODS: The initial 200 eyes undergoing cataract surgery between April 2011 and June 2011 by 6 surgeons were included in the study. The cases underwent anterior capsulotomy, lens fragmentation, and corneal incisions with the femtosecond laser. The procedure was completed by phacoemulsification and insertion of an intraocular lens.

方法:2011年4月から2011年6月までの期間に、6人の眼科外科医が白内障手術を施行した最初の200眼を、本研究の評価対象とした。この200眼には、前嚢切開、水晶体核破砕およびフェムトセカンドレーザーを使用した角膜切開の手術が施行された。


【重要英単語】
initial【形】はじめの
procedure【名】手順





Data were collected about patient demographics, preoperative investigations and intraoperative complications. The cases were divided into 4 groups-group 1 included the first 50 cases, group 2 included cases 51 through 100, group 3 included cases 101 through 150, and group 4 included cases 151 through 200-and were analyzed.

患者背景、術前の検査結果および手術時の合併症に関するデータを得た。対象眼を4グループに分け、グループ1を最初の50眼、グループ2を51〜100番目の50眼、グループ3を101〜150番目の50眼、グループ4を151〜200番目の50眼とし、データを解析した。


【重要英単語】
preoperative【形】術前の
intraoperative【形】術中、手術時の




MAIN OUTCOME MEASURES: Intraoperative complication rates.

主要評価項目:手術時の合併症の発現率


【重要英単語】
complication【名】合併症




以上
posted by ホーライ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障手術時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子

Incidence and predictors of all-cause and site-specific cancer in type 2 diabetes: The Fremantle Diabetes Study.

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子:The Fremantle Diabetes Study.



Abstract

OBJECTIVE: To explore the relationship between diabetes and cancer.

目的:糖尿病とがんの関連性を調査すること。




【重要英単語】

explore【動】〜を調査する

relationship【名】関連

diabetes【名】糖尿病

cancer【名】がん







DESIGN: The Fremantle Diabetes Study (FDS) was a community-based longitudinal observational study of 1,426 subjects, 1,294 with type 2 diabetes.

試験デザイン:The Fremantle Diabetes Study (FDS)は、1,426名の地域住民を対象とした長期観察研究であり、そのうちの1,294名が2型糖尿病患者であった。


【重要英単語】

community-based【形】地域社会に基づく

longitudinal【形】長期的な

observational study 観察研究





METHODS: The FDS type 2 cohort and four age-, sex- and postcode-matched controls per case were followed for cancer events from 1993 until mid-2010.

方法:1993年から2010年上半期まで、FDSの2型糖尿病症例と、その症例1名に対して年齢、性別、郵便番号でマッチングさせた4名の対照例について、がんイベントの発症を追跡した。


【重要英単語】


cohort【名】《統計》群




Incidence rate ratios (IRRs) were calculated and competing risks proportional hazards models generated risk factors for incident cancer.

罹患率比(IRRs)を計算し、競合リスクを考慮に入れた比例ハザードモデルを用いて、がん発生のリスク因子を同定した。


【重要英単語】

Incidence rate ratios (IRRs) 罹患率比

competing risks 競合リスク

proportional hazards 比例ハザード







RESULTS: There were 309 first cancers over 13,051 patient-years, or 2,368 (95% CI 2,111-2,647)/100,000 patient-years in the diabetes patients vs 1,131 over 60,324 patient-years (1,875 (1,769-1,987)/100,000 patient-years) in the controls.

結果:糖尿病患者では13,051 患者年の追跡調査の結果、309回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり2,368回(95% 信頼区間 2,111〜2,647)であった。一方、対照群では60,324患者年の追跡調査の結果、1,131回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり1,875回(1,769〜1,987)であった。



【重要英単語】

patient-years 患者年

control【名】対照群



以上

posted by ホーライ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

Antibiotic stewardship and early discharge from hospital: impact of a structured approach to antimicrobial management
抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

OBJECTIVES: To assess the impact of an infection team review of patients receiving antibiotics in six hospitals across the UK and to establish the suitability of these patients for continued care in the community.

目的:抗菌薬が処方されている患者を対象とし、その診療について感染症チームが評価することによって得られる効果を英国の6つの病院で調べ、さらに地域での継続的な医療ケアが必要な患者について適切な治療法を確立すること。


【メディカル英単語】

infection【名】感染症
antibiotic【名】抗菌薬



METHODS: An evaluation audit tool was used to assess all patients on antibiotic treatment on acute wards on a given day. Clinical and antibiotic use data were collected by an infection team (doctor, nurse and antibiotic pharmacist).

方法:ある特定の日に救急病棟で抗菌薬が処方されていた全ての患者を対象とし、評価・監査ツールを用いて評価した。臨床効果および抗菌薬の使用に関するデータを、感染症チーム(医師、看護師、抗菌薬の専門薬剤師)が収集した。


【メディカル英単語】

audit【名】監査
pharmacist【名】薬剤師




Assessments were made of the requirement for continuing antibiotic treatment, route and duration [including intravenous (iv)/oral switch] and of the suitability of the patients for discharge from hospital and their requirement for community support.

感染症チームが評価した内容は、抗菌薬による継続的な治療の必要性、投与経路、投与期間(静注から経口薬への切り替えも含む)、退院患者の治療法の適切性、地域での支援の必要性であった。


【メディカル英単語】

duration【名】期間
intravenous【形】静脈注射の



RESULTS: Of 1356 patients reviewed, 429 (32%) were on systemic antibiotics, comprising 165 (38%) on iv ± oral antibiotics and 264 (62%) on oral antibiotics alone.

結果:1,356例の患者のうち、429例(32%)が全身性の抗菌薬投与を受けており、その内の165例(38%)が静注±経口、264例(62%)が経口投与のみであった。


【メディカル英単語】

comprise【動】含む
alone【形】単独で



Ninety-nine (23%) patients (including 26 on iv antibiotics) had their antibiotics stopped immediately on clinical grounds.

静注の26例を含む99例(23%)は、臨床的理由に基づきすぐに抗菌薬の使用が中止された。


【メディカル英単語】

immediately【副】直ちに、すぐに



The other 330 (77%) patients (including 139 on iv antibiotics) needed to continue antibiotics, although 47 (34%) could be switched to oral.

静注の139例を含むその他の330例(77%)は、継続投与が必要と判断されたが、47例(34%)は経口薬へ切り替えることができた。


【メディカル英単語】

continue【動】継続する

Eighty-nine (21%) patients were considered eligible for discharge, comprising 10 who would have required outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT), 55 who were suitable for oral outpatient treatment and 24 who had their antibiotics stopped.

89例(21%)は退院の基準を満たすと判断され、その内訳は外来抗菌薬静注療法(OPAT)が必要な10例、経口薬による外来治療の適応となった55例、抗菌薬の投与を中止した24例であった。

【重要英単語】

outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT):外来抗菌薬静注療法




CONCLUSIONS: Infection team review had a significant impact on antimicrobial use, facilitating iv to oral switch and a reduction in the volume of antibiotic use, possibly reducing the risk of healthcare-associated complications and infections.

結論:感染症チームが評価することで、静注から経口薬への切り替えが促進され、抗菌薬の使用量が削減するなど顕著な効果が認められ、さらに医療関連の合併症や感染症のリスク低減に繋がる可能性が示された。


【重要英単語】

facilitate【動】促進する

reduction【名】縮小する




It identified many patients who could potentially have been managed in the community with appropriate resources, saving 481 bed-days. The health economics are reported in a companion paper.

地域の適切な医療資源を活用することで管理可能と考えられる、多数の患者を見出すことができ、そのことで入院日数を481日減らすことが可能である。医療経済学的な知見に関しては姉妹紙に報告されている。


【重要英単語】

identified【形】確立された
potentially【副】潜在的に


posted by ホーライ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗菌薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)まとめ

【先週と今週のまとめ】

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

OBJECTIVE:

Patients and physicians often differ in their perceptions of rheumatoid arthritis (RA) disease activity, as quantified by the patient's global assessment (PGA) and by the evaluator's global assessment (EGA).

The purpose of this study was to explore the extent and reasons for this discordance.



METHODS:

We identified variance components for the PGA and EGA in RA patients who were starting therapy with methotrexate in an academic outpatient setting.

We analyzed predictors of the observed discrepancy in these measures (calculated as the PGA minus the EGA) and in their changes (calculated as the PGA (change) minus the EGA (change) ).



RESULTS:

We identified 646 RA patients, and among them, 77.4% of the variability in the PGA and 66.7% of the variability in the EGA were explainable.


The main determinants for the PGA were pain (75.6%), function (1.3%, by Health Assessment Questionnaire), and number of swollen joints (0.5%); those for the EGA were the number of swollen joints (60.9%), pain (4.5%), function (0.6%), C-reactive protein (0.4%), and the number of tender joints (0.3%).


Increased pain led to a discrepancy toward worse patient perception, while increased numbers of swollen joints led to a discrepancy toward worse evaluator perception, both explaining 65% of the discordance between the PGA and the EGA.

Likewise, changes in pain scores and numbers of swollen joints proved to be the main determinants for discrepant perceptions of changes in RA disease activity, explaining 34.6% and 12.5% of the discordance, respectively.



CONCLUSION:

The most significant determinants for the cross-sectional and longitudinal discrepancy between the PGA and the EGA are pain and joint swelling, respectively. Understanding the reasons for a discordant view of disease activity will help to facilitate the sharing of decision-making in the management of RA.






関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違

目的:

関節リウマチ(RA)の疾患活動性は、患者の全般的評価(PGA)および評価者である医師の全般的評価(EGA)によって定量化されるが、患者と医師の評価は異なることが多い。今回の研究目的は、この不一致の程度とその理由を調査することである。


方法:

我々は、研究病院でメトトレキサートによる治療を開始した外来のRA患者を対象とし、PGAおよびEGAにおいて相違が認められる項目を同定した。また、評価値の相違(PGA値-EGA値として算出)および評価の変化値の相違(PGAの変化値-EGAの変化値として算出)について、予測し得る因子を解析した。


結果:

646名のRA患者において、PGAの相違の77.4%、EGAの相違の66.7%が説明可能なものとして同定できた。


PGAに相違を生じさせる主な決定因子は、疼痛(75.6%)、機能(1.3%、健康評価質問票による評価)および腫脹関節数(0.5%)であった。一方、EGAでは、腫脹関節数(60.9%)、疼痛(4.5%)、機能(0.6%)、C反応性タンパク質(0.4%)および圧痛関節数(0.3%)が主な決定因子であった。


疼痛が増すと患者の評価結果が悪くなり、腫脹関節数が増えると評価者の評価結果が悪くなる傾向が認められた。これら両者で65%の不一致を説明することが可能であった。


同様に、疼痛スコアおよび腫脹関節数の変化が、RAの疾患活動性の変化値に相違を生じさせる主要な決定因子であることが明らかになり、それぞれ34.6%および12.5%の不一致を説明することが可能であった。


結論:

PGAおよびEGAに横断的、縦断的な相違を生じさせる最も重要な決定因子は、それぞれ疼痛および腫脹関節数である。疾患活動性を評価するときの不一致の理由を認識することは、RA診療方針を共有したうえで決定することを促がし、その一助となるであろう。



以上


posted by ホーライ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)

●●●今回取り上げる文献は・・・・・・(先週の続き)

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)


RESULTS:

We identified 646 RA patients, and among them, 77.4% of the variability in the PGA and 66.7% of the variability in the EGA were explainable.

結果:

646名のRA患者において、PGAの相違の77.4%、EGAの相違の66.7%が説明可能なものとして同定できた。

【重要語彙】

identify 【動】同定する





The main determinants for the PGA were pain (75.6%), function (1.3%, by Health Assessment Questionnaire), and number of swollen joints (0.5%); those for the EGA were the number of swollen joints (60.9%), pain (4.5%), function (0.6%), C-reactive protein (0.4%), and the number of tender joints (0.3%).

PGAに相違を生じさせる主な決定因子は、疼痛(75.6%)、機能(1.3%、健康評価質問票による評価)および腫脹関節数(0.5%)であった。一方、EGAでは、腫脹関節数(60.9%)、疼痛(4.5%)、機能(0.6%)、C反応性タンパク質(0.4%)および圧痛関節数(0.3%)が主な決定因子であった。


【重要語彙】

Health Assessment Questionnaire 健康評価質問票

swollen【形】膨張した、腫れあがった





Increased pain led to a discrepancy toward worse patient perception, while increased numbers of swollen joints led to a discrepancy toward worse evaluator perception, both explaining 65% of the discordance between the PGA and the EGA.

疼痛が増すと患者の評価結果が悪くなり、腫脹関節数が増えると評価者の評価結果が悪くなる傾向が認められた。これら両者で65%の不一致を説明することが可能であった。

【重要語彙】

discrepancy【名】不一致、食い違い





Likewise, changes in pain scores and numbers of swollen joints proved to be the main determinants for discrepant perceptions of changes in RA disease activity, explaining 34.6% and 12.5% of the discordance, respectively.

同様に、疼痛スコアおよび腫脹関節数の変化が、RAの疾患活動性の変化値に相違を生じさせる主要な決定因子であることが明らかになり、それぞれ34.6%および12.5%の不一致を説明することが可能であった。

【重要語彙】

likewise【副】同様に

respectively【副】それぞれ、各々




CONCLUSION:

The most significant determinants for the cross-sectional and longitudinal discrepancy between the PGA and the EGA are pain and joint swelling, respectively. Understanding the reasons for a discordant view of disease activity will help to facilitate the sharing of decision-making in the management of RA.

結論:

PGAおよびEGAに横断的、縦断的な相違を生じさせる最も重要な決定因子は、それぞれ疼痛および腫脹関節数である。疾患活動性を評価するときの不一致の理由を認識することは、RA診療方針を共有したうえで決定することを促がし、その一助となるであろう。

【重要語彙】

facilitate【動】手助けとなる

decision-making【名】意思決定


posted by ホーライ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。