2014年07月07日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法

今回取り上げる文献は
Clin Cancer Res. 2013 May 6/UT MD Anderson Cancer Center(US)
Platinum-Based Chemotherapy for Variant Castrate-Resistant Prostate Cancer.

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Abstract

PURPOSE:

Clinical features characteristic of small-cell prostate carcinoma (SCPC),
(""anaplastic"") often emerge during the progression of prostate cancer.

We sought to determine the efficacy of platinum-based chemotherapy in
patients meeting at least one of seven prospectively defined "anaplastic"
clinical criteria, including exclusive visceral or predominantly lytic
bone metastases, bulky tumor masses, low PSA levels relative to tumor
burden or short response to androgen deprivation therapy.



目的:

前立腺小細胞癌(SCPS)に特異的に見られる臨床的特徴の「未分化」は、前立腺癌
の進行期に認められることが多い。我々は、「未分化」を前向きに定義し得る臨床的
基準7項目のうち1項目以上を満たす患者を対象とし、白金製剤を用いた化学療法の有
効性を検討することとした。

臨床的基準としては、内臓のみへの転移または顕著な溶解性の骨転移を伴うこと
、巨大な腫瘤を認めること、全身腫瘍組織量に比してPSAレベルが低いこと、
あるいはアンドロゲン枯渇療法の効果が認められる期間が短いことなどを設定した。






EXPERIMENTAL DESIGN:

A 120-patient phase II trial of frontline carboplatin and docetaxel (CD)
and second-line etoposide and cisplatin (EP) was designed to provide
reliable clinical response estimates under a Bayesian probability model
with early stopping rules in place for futility and toxicity.



試験デザイン:

120名の患者を対象とした第U相臨床試験で、ファーストライン治療としてカルボ
プラチンとドセタキセル(CD)を、セカンドライン治療としてエトポシドとシスプ
ラチン(EP)を投与した。

効果が認められなかったり、毒性が発現した場合は早期中止とすることを規定し、

ベイジアンの確率モデルを用いた信頼性のある臨床的効果を評価する試験デザインとした。

posted by ホーライ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(3)

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(3)



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

EXPERIMENTAL DESIGN:

A 120-patient phase II trial of frontline carboplatin and docetaxel (CD)
and second-line etoposide and cisplatin (EP) was designed to provide
reliable clinical response estimates under a Bayesian probability
model with early stopping rules in place for futility and toxicity.



試験デザイン:

120名の患者を対象とした第U相臨床試験で、ファーストライン治療として
カルボプラチンとドセタキセル(CD)を、セカンドライン治療としてエトポシドと
シスプラチン(EP)を投与した。効果が認められなかったり、毒性が発現した
場合は早期中止とすることを規定し、ベイジアンの確率モデルを用いた信頼性
のある臨床的効果を評価する試験デザインとした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━


reliable【形】信頼性のある

toxicity【名】毒性




以上

ラベル:白金製剤
posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(2)

▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

We sought to determine the efficacy of platinum-based chemotherapy
in patients meeting at least one of seven prospectively defined "anaplastic"
clinical criteria, including exclusive visceral or predominantly lytic
bone metastases, bulky tumor masses, low PSA levels relative to tumor burden
or short response to androgen deprivation therapy.



我々は、「未分化」を前向きに定義し得る臨床的基準7項目のうち1項目以上を
満たす患者を対象とし、白金製剤を用いた化学療法の有効性を検討することとした。

臨床的基準としては、内臓のみへの転移または顕著な溶解性の骨転移を伴うこと、
巨大な腫瘤を認めること、全身腫瘍組織量に比してPSAレベルが低いこと、
あるいはアンドロゲン枯渇療法の効果が認められる期間が短いことなどを設定した。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━

visceral【名】内臓

bulky【形】巨大な、かさばった

tumor【名】腫瘍

deprivation【名】枯渇、欠乏

posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(1)

今回取り上げる文献は

Clin Cancer Res. 2013 May 6/UT MD Anderson Cancer Center(US)
Platinum-Based Chemotherapy for Variant Castrate-Resistant Prostate Cancer.

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

Abstract

PURPOSE:

Clinical features characteristic of small-cell prostate carcinoma (SCPC),
(""anaplastic"") often emerge during the progression of prostate cancer.

目的:

前立腺小細胞癌(SCPS)に特異的に見られる臨床的特徴の「未分化」は、前立腺癌の進行期に認められることが多い。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

prostate【名】前立腺

anaplastic【名】未分化


posted by ホーライ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率(2)

今回取り上げる文献は
Am J Clin Nutr. 2013; 97(4): 782-93.
German Cancer Research Center

Strong associations of 25-hydroxyvitamin D concentrations with
all-cause, cardiovascular, cancer, and respiratory disease mortality in a large cohort study.

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率、
心血管、癌および呼吸器疾患を原因とする死亡率との強い関連性(その2)




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

Restricted cubic splines were used to assess dose-response relations,
and Cox regression with time-dependent variables was used to estimate hazard ratios.


制限付きの三次スプラインモデルを使用して用量反応関係を評価し、
期間に依存する変数で調整するCox回帰モデルを使用してハザード比を算出した。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

restrict【動】制限する

variable【名】変数





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During follow-up, 1083 study participants died; of those,
350 individuals died of cardiovascular diseases, 433 individuals
died of cancer, and 55 individuals died of respiratory diseases.



結果:フォローアップ期間中に1,083名が死亡し、その死亡原因の内訳は
350名が心血管疾患、433名が癌、55名が呼吸器疾患であった。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

cardiovascular【名】心血管




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

The overall mortality [HR (95% CI)] of subjects with vitamin D deficiency
[25(OH)D concentrations <30 nmol/L] or vitamin D insufficiency
[25(OH)D concentrations from 30 to 50 nmol/L) was significantly
increased [1.71 (1.43, 2.03) and 1.17 (1.02, 1.35), respectively]
compared with that of subjects with sufficient 25(OH)D concentrations (>50 nmol/L)].



ビタミンD欠損群[25(OH)D濃度<30 nmol/ L]およびビタミンD不足群
(25(OH)D濃度=30〜50 nmol/ L)では、ビタミンD濃度が十分な群
(25(OH)D濃度>50 nmol/ L)と比べて、全死亡率が有意に高かった
[それぞれのハザード比は1.71(95%信頼区間:1.43-2.03)および1.17
(95%信頼区間:1.02-1.35)]。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

significantly【副】有意に、著しく

increase【動】増加する




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

Vitamin D deficiency was also associated with increased cardiovascular
mortality [1.39 (95% CI: 1.02, 1.89)], cancer mortality [1.42
(95% CI: 1.08, 1.88)] and respiratory disease mortality [2.50 (95% CI: 1.12, 5.56)].



ビタミンD欠損群では、心血管疾患[1.39(95%信頼区間:1.02-1.89)]、
癌[1.42(95%信頼区間:1.08-1.88)]および呼吸器疾患[2.50
(95%信頼区間:1.12-5.56)]を原因とする死亡率上昇とも相関性が認められた。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

respiratory【形】呼吸の



以上
posted by ホーライ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率

今回取り上げる文献は
Am J Clin Nutr. 2013; 97(4): 782-93.
German Cancer Research Center

Strong associations of 25-hydroxyvitamin D concentrations with
all-cause, cardiovascular, cancer, and respiratory disease mortality in a large cohort study.

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率、
心血管、癌および呼吸器疾患を原因とする死亡率との強い関連性(その1)



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Serum 25-hydroxyvitamin D [25(OH)D] concentration has been
linked to mortality in several studies, but appropriate cutoffs to
define risk categories are under debate.


背景:複数の研究で、血清中の25-ヒドロキシビタミンD [25(OH)D]濃度が
死亡率に関連するとされているが、リスク区分を定義するための適切な
カットオフ値は議論されているところである。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━

concentration【名】濃度

define【動】定義する





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

OBJECTIVE: We aimed to conduct a repeated-measurements analysis
on the association of serum 25(OH)D concentrations with all-cause
and cause-specific mortality, with particular attention given to
the shape of dose-response relations.



目的:研究目的は、血清中の25(OH)D濃度と全死因死亡率および特定
の疾患を原因とする死亡率との関連性について、特に用量反応性のある
関連性を重視し、反復測定分析を実施することとした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━


mortality【名】死亡率

particular【形】特定の






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DESIGN: Concentrations of 25(OH)D were measured in n = 9578 baseline
and n = 5469 5-y follow-up participants of the ESTHER study, which is
a German population-based cohort aged 50-74 y at baseline. Deaths were
recorded during 9.5 y of follow-up (median).



試験デザイン:ベースライン時の年齢が50〜74歳のドイツの地域住民を対象
としたESTHER研究に参加した被験者を対象とし、ベースライン時には9,578名、
5年後のフォローアップ時には5,469名の25(OH)D濃度を測定した。死亡は中
央値で9.5年間追跡調査した。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

during【前置詞】〜の間

median【名】中央値

(続く)

posted by ホーライ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

フラミンガム子孫コホート#の男性および閉経前女性

今回取り上げる文献は
J Bone Miner Res. 2004 Feb;19(2):297-307. Epub 2003 Dec 16./St Thomas' Hospital(UK)

Dietary silicon intake is positively associated with bone mineral
density in men and premenopausal women of the Framingham Offspring
cohort.


フラミンガム子孫コホート#の男性および閉経前女性では、
食事によるシリコン摂取量と骨密度に正の相関性が認められる


#:フラミンガム子孫コホートについて

血圧、脂質、肥満と心臓病リスクに関して調査した代表的な疫学研究「フラミンガム研究」に参加した被験者の子孫を対象に、「フラミンガム子孫研究」が実施された。

その対象集団がフラミンガム子孫コホートと呼ばれる。



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

MATERIALS AND METHODS:

In a cross-sectional, population-based study, we examined the association
between silicon intake and bone mineral density (BMD) in 1251 men and 1596
pre- and postmenopausal women in the Framingham Offspring cohort (age, 30-87 years)
at four hip sites and lumbar spine, adjusting for all potential confounding
factors known to influence BMD and nutrient intake.



被験者および方法:

地域住民を対象とした横断的研究であり、フラミンガム子孫コホート(年齢:30〜87歳)
のうちの男性1251名および閉経前、閉経後女性1956名を対象に、シリコン摂取量と
BMDの関連性を調べた。4つの臀部部位および腰椎のBMDを測定し、栄養摂取およびBMDに
影響を及ぼすことが知られている全ての潜在的交絡因子で調整し、関連性を調べた。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

confounding factor 交絡因子





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

Categorical analysis by Si intake, or energy-adjusted Si intake, supported
these findings, and showed large differences in BMD (up to 10%) between
the highest (> 40 mg Si/day) and lowest (< 14 mg Si/day) quintiles of silicon intake.


シリコン摂取量またはエネルギーで調整後のシリコン摂取量によりカテゴリー分類
して解析した場合でも、それらの結果を支持する知見が得られ、シリコン摂取量が
最大側の五分位値を満たすカテゴリー群(>40 mg シリコン/日)と最小側の五分位
値を満たすカテゴリー群(< 14 mg シリコン/日)では、最大で10%にも至るBMDの
顕著な差異が認められた。





▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

categorical【形】分類別の





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

RESULTS:

Silicon intake correlated positively with adjusted BMD at four hip sites in
men and premenopausal women, but not in postmenopausal women.

No significant association was observed at the lumbar spine in any group.



結果:

男性および閉経前女性での食事によるシリコン摂取量は、調整後の4つの臀部部位の
BMDと正の相関性を示したが、閉経後女性では、相関性は認められなかった。

腰椎では、どのグループにおいても有意な相関性は認められなかった。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

observe【動】認める





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

A significant association at the lumbar spine in men was also observed.

Further analyses indicated that some of the effects seen for moderate
consumption of alcoholic beverages on BMD might be attributed to Si intake.


男性では、腰椎においても有意な相関性が認められた。さらなる解析の結果、
アルコール飲料を適度に摂取することによるBMDへの効果は、シリコン摂取に
起因する可能性があることが示された。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

consumption【名】消費

attribute【動】起因する、帰する


以上

posted by ホーライ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

1958年生まれのコホートにおける喘息と職業

今回取り上げる文献は Asthma and occupation in the 1958 birth cohort. 1958年生まれのコホートにおける喘息と職業 Thorax. 2013 Jan 21. doi: 10.1136/thoraxjnl-2012-202151. [Epub ahead of print] Imperial College (UK) ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━ OBJECTIVE: To examine the association of adult onset asthma with lifetime exposure to occupations and occupational exposures. 目的:成人喘息の発症と、生涯の就業および職業上の曝露因子との関連性を調査すること。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━ asthma 【名】喘息 exposure 【名】曝露、露出 ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━ METHODS: We generated lifetime occupational histories for 9488 members of the British 1958 birth cohort up to age 42 years. 方法:我々は、英国で1958年に生まれた9488名について42歳までの職業経歴を作成した。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━ generate 【動】生成する、作成する ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━ Blind to asthma status, jobs were coded to the International Standard Classification of Occupations 1988 and an Asthma Specific Job Exposure Matrix (ASJEM) with an expert re-evaluation step. 喘息発症に関しては盲検化したうえで、専門家が1988年の国際標準職業分類と Asthma Specific Job Exposure Matrix(ASJEM)を使用して職業をコード分類し直した。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━ blind 【形】目の不自由な、盲目的な ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━ Associations of jobs and ASJEM exposures with adult onset asthma were assessed in logistic regression models adjusting for sex, smoking, social class at birth and childhood hay fever. 職業およびASJEM曝露因子と、成人喘息発症との関連性はロジスティック回帰 モデルを用い、性、喫煙歴、出生時の社会的地位および小児期の花粉症を調整 因子として評価した。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━ assess 【動】評価する、査定する regression 【名】回帰、退行 ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━ RESULTS: Of the 7406 cohort members with no asthma or wheezy bronchitis in childhood, 639 (9%) reported asthma by age 42 years. 結果:小児期に喘息や喘鳴を伴う気管支炎に罹患しなかった 7406名のコホートのうち、639名(9%)が42歳までに喘息を発症していた。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━ bronchitis 【名】気管支炎 ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━ Adult onset asthma was associated with 18 occupations, many previously identified as risks for asthma (eg, farmers: OR 4.26, 95% CI 2.06 to 8.80; hairdressers: OR 1.88, 95% CI 1.24 to 2.85; printing workers: OR 3.04, 95% CI 1.49 to 6.18). 成人喘息の発症と18種の職業に関連性が認められ、その多くが これまでに喘息のリスク因子として同定されているものであった (例とし、農家:オッズ比(OR)が4.26、95%信頼区間(CI)が 2.06〜8.80、美容師:ORが1.88、95%CIが1.24〜2.85、印刷業者: ORが3.04、,95%CIが1.49〜6.18)。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━ previously 【副】 以前に、これまでに ▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━ Four were cleaning occupations and a further three occupations were likely to use cleaning agents. 4種の職業は洗浄業務を行うもので、さらに3種は洗浄剤を 使用する可能性が高い職業であった。 ▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━ further 【副】 さらに 以上
posted by ホーライ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

インフルエンザワクチンの効能および効果:メタ分析による系統的レビュー

今回取り上げる文献は

Efficacy and effectiveness of influenza vaccines: a systematic review and meta-analysis.

インフルエンザワクチンの効能および効果:メタ分析による系統的レビュー

University of Minnesota. Lancet Infect Dis. 2012; 12(1): 36-44.





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Eligible articles were published between Jan 1, 1967, and Feb 15, 2011,
and used RT-PCR or culture for confirmation of influenza.


1967年1月1日から2011年2月15日までに発表され、RT-PCR法またはウイルス
培養法によりインフルエンザを検出した論文を評価対象とした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

eligible【形】適格な

confirmation【名】確認




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

We excluded some studies on the basis of study design and vaccine characteristics.

We estimated random-effects pooled efficacy for trivalent inactivated
vaccine (TIV) and live attenuated influenza vaccine (LAIV) when data were
available for statistical analysis (eg, at least three studies that
assessed comparable age groups).


一方、研究デザインやワクチンの特徴に基づいて、いくつかの研究を除外した。

統計解析法として、データが入手可能な場合は、三価の不活化ワクチン(TIV)および
弱毒生ワクチン(LAIV)について、効能を統合した変量効果モデルを使用して評価した
(同一の年齢層を対象とした3試験以上が評価可能な場合)。

▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

efficacy【名】効能

statistical【形】統計の





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Efficacy of LAIV was shown in nine (75%) of the 12 seasons analysed in
ten randomised controlled trials (pooled efficacy 83% [69-91]) in children
aged 6 months to 7 years. No such trials met inclusion criteria for children aged 8-17 years.


また、10件の無作為化比較対照の臨床試験においてワクチン接種後の12の季節で
評価が行われ、9季節(75%)でLAIVの効能が示されていた(6ヵ月〜7歳の小児で
の統合した効能:83%[95%信頼区間:69〜91])。

一方、8〜17歳の小児を対象とし、選択基準を満たす試験はなかった。






▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Inclusion【名】包含、包括

criteria【名】基準






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INTERPRETATION: Influenza vaccines can provide moderate protection against
virologically confirmed influenza, but such protection is greatly reduced or
absent in some seasons.

Evidence for protection in adults aged 65 years or older is lacking.




解釈:インフルエンザワクチンは、ウイルス学的な検査で診断したインフルエンザ
感染に対して中等度の予防効果を発揮するが、その効果が顕著に減少したり、
欠損する季節が認められる。

また、65歳以上の高齢者での予防効果に関するエビデンスが不十分である。


▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

virology【名】ウイルス学

greatly【副】非常に、大いに






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LAIVs consistently show highest efficacy in young children (aged 6 months
to 7 years).

New vaccines with improved clinical efficacy and effectiveness are needed
to further reduce influenza-related morbidity and mortality.



6ヵ月〜7歳の小児に対するLAIVの効能は常に高い。

インフルエンザの罹患率および死亡率をさらに減少させるため、臨床での効能および
効果を向上させた新しいワクチンが必要とされている。


FUNDING: Alfred P Sloan Foundation.
資金提供:アルフレッド P スローン財団



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

consistently【副】一貫して

improve【動】改善する



以上


posted by ホーライ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.:1958年生まれのコホートにおける喘息と職業

今回取り上げる文献は
Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.

1958年生まれのコホートにおける喘息と職業

Thorax. 2013 Jan 21. doi: 10.1136/thoraxjnl-2012-202151. [Epub ahead of print] Imperial College (UK)

▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OBJECTIVE: To examine the association of adult onset asthma with
lifetime exposure to occupations and occupational exposures.

目的:成人喘息の発症と、生涯の就業および職業上の曝露因子との関連性を調査すること。


METHODS: We generated lifetime occupational histories for 9488
members of the British 1958 birth cohort up to age 42 years.

Blind to asthma status, jobs were coded to the International
Standard Classification of Occupations 1988 and an Asthma Specific
Job Exposure Matrix (ASJEM) with an expert re-evaluation step.


Associations of jobs and ASJEM exposures with adult onset asthma
were assessed in logistic regression models adjusting for sex,
smoking, social class at birth and childhood hay fever.



方法:我々は、英国で1958年に生まれた9488名について42歳までの職業経歴を作成した。

喘息発症に関しては盲検化したうえで、専門家が1988年の国際標準職業分類と
Asthma Specific Job Exposure Matrix(ASJEM)を使用して職業をコード分類し直した。

職業およびASJEM曝露因子と、成人喘息発症との関連性はロジスティック回帰モデルを用い
、性、喫煙歴、出生時の社会的地位および小児期の花粉症を調整因子として評価した。




RESULTS: Of the 7406 cohort members with no asthma or wheezy bronchitis
in childhood, 639 (9%) reported asthma by age 42 years.

結果:小児期に喘息や喘鳴を伴う気管支炎に罹患しなかった7406名のコホートのうち、
639名(9%)が42歳までに喘息を発症していた。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

asthma 【名】喘息

exposure 【名】曝露、露出

generate 【動】生成する、作成する

blind 【形】目の不自由な、盲目的な

assess 【動】評価する、査定する

regression 【名】回帰、退行

bronchitis 【名】気管支炎


posted by ホーライ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。