2014年06月27日

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率(2)

今回取り上げる文献は
Am J Clin Nutr. 2013; 97(4): 782-93.
German Cancer Research Center

Strong associations of 25-hydroxyvitamin D concentrations with
all-cause, cardiovascular, cancer, and respiratory disease mortality in a large cohort study.

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率、
心血管、癌および呼吸器疾患を原因とする死亡率との強い関連性(その2)




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

Restricted cubic splines were used to assess dose-response relations,
and Cox regression with time-dependent variables was used to estimate hazard ratios.


制限付きの三次スプラインモデルを使用して用量反応関係を評価し、
期間に依存する変数で調整するCox回帰モデルを使用してハザード比を算出した。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━

restrict【動】制限する

variable【名】変数





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During follow-up, 1083 study participants died; of those,
350 individuals died of cardiovascular diseases, 433 individuals
died of cancer, and 55 individuals died of respiratory diseases.



結果:フォローアップ期間中に1,083名が死亡し、その死亡原因の内訳は
350名が心血管疾患、433名が癌、55名が呼吸器疾患であった。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

cardiovascular【名】心血管




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━

The overall mortality [HR (95% CI)] of subjects with vitamin D deficiency
[25(OH)D concentrations <30 nmol/L] or vitamin D insufficiency
[25(OH)D concentrations from 30 to 50 nmol/L) was significantly
increased [1.71 (1.43, 2.03) and 1.17 (1.02, 1.35), respectively]
compared with that of subjects with sufficient 25(OH)D concentrations (>50 nmol/L)].



ビタミンD欠損群[25(OH)D濃度<30 nmol/ L]およびビタミンD不足群
(25(OH)D濃度=30〜50 nmol/ L)では、ビタミンD濃度が十分な群
(25(OH)D濃度>50 nmol/ L)と比べて、全死亡率が有意に高かった
[それぞれのハザード比は1.71(95%信頼区間:1.43-2.03)および1.17
(95%信頼区間:1.02-1.35)]。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

significantly【副】有意に、著しく

increase【動】増加する




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

Vitamin D deficiency was also associated with increased cardiovascular
mortality [1.39 (95% CI: 1.02, 1.89)], cancer mortality [1.42
(95% CI: 1.08, 1.88)] and respiratory disease mortality [2.50 (95% CI: 1.12, 5.56)].



ビタミンD欠損群では、心血管疾患[1.39(95%信頼区間:1.02-1.89)]、
癌[1.42(95%信頼区間:1.08-1.88)]および呼吸器疾患[2.50
(95%信頼区間:1.12-5.56)]を原因とする死亡率上昇とも相関性が認められた。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

respiratory【形】呼吸の



以上
posted by ホーライ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率

今回取り上げる文献は
Am J Clin Nutr. 2013; 97(4): 782-93.
German Cancer Research Center

Strong associations of 25-hydroxyvitamin D concentrations with
all-cause, cardiovascular, cancer, and respiratory disease mortality in a large cohort study.

大規模コホート研究での25-ヒドロキシビタミンD濃度と全死因死亡率、
心血管、癌および呼吸器疾患を原因とする死亡率との強い関連性(その1)



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Serum 25-hydroxyvitamin D [25(OH)D] concentration has been
linked to mortality in several studies, but appropriate cutoffs to
define risk categories are under debate.


背景:複数の研究で、血清中の25-ヒドロキシビタミンD [25(OH)D]濃度が
死亡率に関連するとされているが、リスク区分を定義するための適切な
カットオフ値は議論されているところである。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━

concentration【名】濃度

define【動】定義する





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

OBJECTIVE: We aimed to conduct a repeated-measurements analysis
on the association of serum 25(OH)D concentrations with all-cause
and cause-specific mortality, with particular attention given to
the shape of dose-response relations.



目的:研究目的は、血清中の25(OH)D濃度と全死因死亡率および特定
の疾患を原因とする死亡率との関連性について、特に用量反応性のある
関連性を重視し、反復測定分析を実施することとした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━


mortality【名】死亡率

particular【形】特定の






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DESIGN: Concentrations of 25(OH)D were measured in n = 9578 baseline
and n = 5469 5-y follow-up participants of the ESTHER study, which is
a German population-based cohort aged 50-74 y at baseline. Deaths were
recorded during 9.5 y of follow-up (median).



試験デザイン:ベースライン時の年齢が50〜74歳のドイツの地域住民を対象
としたESTHER研究に参加した被験者を対象とし、ベースライン時には9,578名、
5年後のフォローアップ時には5,469名の25(OH)D濃度を測定した。死亡は中
央値で9.5年間追跡調査した。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

during【前置詞】〜の間

median【名】中央値

(続く)

posted by ホーライ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。