2014年06月14日

インフルエンザワクチンの効能および効果:メタ分析による系統的レビュー

今回取り上げる文献は

Efficacy and effectiveness of influenza vaccines: a systematic review and meta-analysis.

インフルエンザワクチンの効能および効果:メタ分析による系統的レビュー

University of Minnesota. Lancet Infect Dis. 2012; 12(1): 36-44.





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Eligible articles were published between Jan 1, 1967, and Feb 15, 2011,
and used RT-PCR or culture for confirmation of influenza.


1967年1月1日から2011年2月15日までに発表され、RT-PCR法またはウイルス
培養法によりインフルエンザを検出した論文を評価対象とした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

eligible【形】適格な

confirmation【名】確認




▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

We excluded some studies on the basis of study design and vaccine characteristics.

We estimated random-effects pooled efficacy for trivalent inactivated
vaccine (TIV) and live attenuated influenza vaccine (LAIV) when data were
available for statistical analysis (eg, at least three studies that
assessed comparable age groups).


一方、研究デザインやワクチンの特徴に基づいて、いくつかの研究を除外した。

統計解析法として、データが入手可能な場合は、三価の不活化ワクチン(TIV)および
弱毒生ワクチン(LAIV)について、効能を統合した変量効果モデルを使用して評価した
(同一の年齢層を対象とした3試験以上が評価可能な場合)。

▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

efficacy【名】効能

statistical【形】統計の





▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Efficacy of LAIV was shown in nine (75%) of the 12 seasons analysed in
ten randomised controlled trials (pooled efficacy 83% [69-91]) in children
aged 6 months to 7 years. No such trials met inclusion criteria for children aged 8-17 years.


また、10件の無作為化比較対照の臨床試験においてワクチン接種後の12の季節で
評価が行われ、9季節(75%)でLAIVの効能が示されていた(6ヵ月〜7歳の小児で
の統合した効能:83%[95%信頼区間:69〜91])。

一方、8〜17歳の小児を対象とし、選択基準を満たす試験はなかった。






▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Inclusion【名】包含、包括

criteria【名】基準






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

INTERPRETATION: Influenza vaccines can provide moderate protection against
virologically confirmed influenza, but such protection is greatly reduced or
absent in some seasons.

Evidence for protection in adults aged 65 years or older is lacking.




解釈:インフルエンザワクチンは、ウイルス学的な検査で診断したインフルエンザ
感染に対して中等度の予防効果を発揮するが、その効果が顕著に減少したり、
欠損する季節が認められる。

また、65歳以上の高齢者での予防効果に関するエビデンスが不十分である。


▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

virology【名】ウイルス学

greatly【副】非常に、大いに






▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LAIVs consistently show highest efficacy in young children (aged 6 months
to 7 years).

New vaccines with improved clinical efficacy and effectiveness are needed
to further reduce influenza-related morbidity and mortality.



6ヵ月〜7歳の小児に対するLAIVの効能は常に高い。

インフルエンザの罹患率および死亡率をさらに減少させるため、臨床での効能および
効果を向上させた新しいワクチンが必要とされている。


FUNDING: Alfred P Sloan Foundation.
資金提供:アルフレッド P スローン財団



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

consistently【副】一貫して

improve【動】改善する



以上


posted by ホーライ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。