2014年06月04日

英語文献「Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.」を読む

●●●今回取り上げる文献

今回取り上げる文献は

Vision Eye Institute(Australia)
Ophthalmology 2012; 119(5): 891-9.

Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.
フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術の初期成績


RESULTS:

The mean age of patients included was 69.2±9.8 years.

Of the 200 eyes, 74.5% underwent a complete procedure of laser capsulotomy,
lens fragmentation, and corneal incisions.

Five eyes had suction breaks during the laser procedure that led to the remainder
of the laser procedure being aborted.

Twenty-one (10.5%) eyes showed the presence of small anterior capsular tags.

The number of eyes with free-floating capsulotomies was 35 (17.5%).

The other complications during the study were anterior radial tears (n = 8; 4%),
posterior capsular ruptures (n = 7; 3.5%), and dropped nucleus (n = 4; 2%).

A significant difference was noted among the sequential groups with respect to
the number of docking attempts (P<0.001), miosis after the laser procedure
(P<0.001), and free-floating capsulotomies (P<0.001), suggesting an improving
learning curve.

The surgeons with prior experience with femtosecond lasers had fewer
complications in the first 100 cases (P<0.001).

No difference in complications was observed after the initial 100 cases.




結果:

患者の平均年齢は69.2±9.8歳であった。

200眼のうちの74.5%に、レーザー切開、水晶体核破砕および角膜切開の全ての手術を施行した。

5眼は、レーザーを使用した嚢切開中に吸引を中止したため、残りのレーザー手術が施行できなかった。

21眼(10.5%)では、前嚢に小さな嚢片を認めた。

浮遊性の嚢切開が施行できた眼数は、35眼(17.5%)であった。

評価期間中に発現したその他の合併症は、前嚢の放射状の裂け目(8眼:4%)、後嚢の嚢破裂(7眼:3.5%)、
核の欠損(4眼:2%)であった。

縫合を試みた眼数(P<0.001)、レーザー手術後の縮瞳(P<0.001)および浮遊性の嚢切開
(P<0.001)を認めた眼数は、グループ間でグループ順に有意差が認められ、習熟度がグループ順に
高まっていることを示唆している。

最初の100眼において、過去にフェムトセカンドレーザーの使用経験がある眼科外科医が手術を
施行した眼は、合併症の発現頻度が低かった(P<0.001)。

最初の100眼以降では合併症の発現頻度に有意差は認められなかった。




CONCLUSIONS:

In this case series, there was a clear learning curve associated with
the use of femtosecond lasers for cataract surgery.

Adjustment to surgical technique and prior experience with a
femtosecond laser seemed to flatten the learning curve.



結論:

フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術では、経験に応じた習熟度の差が明確に
認められることが、今回の症例研究で示された。

フェムトセカンドレーザーを使用した手術技術に適応し、その経験を積むことで一定の習熟度に達するのだと思われる。



【重要英語】

capsulotomy【名】水晶体嚢切開術
abort【動】打ち切る、中止する
presence【名】存在
attempt【動】〜を試みる
sequential【形】継時的な
observe【動】観察する
flatten【動】平らにする、一定にする


以上
posted by ホーライ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障手術時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

今週の文献:Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.

●●●今回取り上げる文献

今回取り上げる文献は
Vision Eye Institute(Australia)
Ophthalmology. 2012 May;119(5):891-9

Early experience with the femtosecond laser for cataract surgery.
フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術の初期成績

OBJECTIVE: To describe the intraoperative complications and to evaluate the learning curve with femtosecond laser cataract surgery.
目的:フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術時に発現した合併症を明らかにし、その術法の経験に応じた習熟度の差を評価すること


【重要英単語】
describe【動】説明する、明らかにする
intraoperative【形】手術の





DESIGN: Prospective, consecutive cohort study.
研究デザイン:前向きの連続コホート研究

PARTICIPANTS: The first 200 eyes undergoing femtosecond laser cataract surgery and refractive lens exchange in a single center.
評価対象:1つの施設で、フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術と屈折レンズの交換手術が施行された最初の200眼


【重要英単語】
cataract【名】白内障
refractive【形】屈折の






METHODS: The initial 200 eyes undergoing cataract surgery between April 2011 and June 2011 by 6 surgeons were included in the study. The cases underwent anterior capsulotomy, lens fragmentation, and corneal incisions with the femtosecond laser. The procedure was completed by phacoemulsification and insertion of an intraocular lens.

方法:2011年4月から2011年6月までの期間に、6人の眼科外科医が白内障手術を施行した最初の200眼を、本研究の評価対象とした。この200眼には、前嚢切開、水晶体核破砕およびフェムトセカンドレーザーを使用した角膜切開の手術が施行された。


【重要英単語】
initial【形】はじめの
procedure【名】手順





Data were collected about patient demographics, preoperative investigations and intraoperative complications. The cases were divided into 4 groups-group 1 included the first 50 cases, group 2 included cases 51 through 100, group 3 included cases 101 through 150, and group 4 included cases 151 through 200-and were analyzed.

患者背景、術前の検査結果および手術時の合併症に関するデータを得た。対象眼を4グループに分け、グループ1を最初の50眼、グループ2を51〜100番目の50眼、グループ3を101〜150番目の50眼、グループ4を151〜200番目の50眼とし、データを解析した。


【重要英単語】
preoperative【形】術前の
intraoperative【形】術中、手術時の




MAIN OUTCOME MEASURES: Intraoperative complication rates.

主要評価項目:手術時の合併症の発現率


【重要英単語】
complication【名】合併症




以上
posted by ホーライ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障手術時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。