2014年08月09日

携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究

今回取り上げる文献は

Int J Epidemiol. 2013 May 8. [Epub ahead of print]
University of Oxford

Mobile phone use and risk of brain neoplasms and other cancers: prospective study.
携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Results from some retrospective studies suggest a possible
increased risk of glioma and acoustic neuroma in users of mobile phones.

背景:複数の後向き研究からは、携帯電話利用者での神経膠腫症および聴神経
腫瘍のリスク増加が示唆されている。


METHODS: The relation between mobile phone use and incidence of intracranial
central nervous system (CNS) tumours and other cancers was examined in 791 710
middle-aged women in a UK prospective cohort, the Million Women Study.

Cox regression models were used to estimate adjusted relative risks (RRs) and
95% confidence intervals (CIs).

Women reported mobile phone use in 1999 to 2005 and again in 2009.



方法:英国の中年女性791,710例を対象とした前向き調査である「Million Women Study」のなかで、
携帯電話の利用と、頭蓋内の中枢神経系(CNS)腫瘍およびその他の癌の発症率の関係を調べた。

Cox回帰モデルを使用し、調整した相対リスク(RR)および95%信頼区間(CI)を算出した。

被験者女性が携帯電話の利用状況を1999〜2005年に報告し、その後は2009年に報告を行った。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

retrospective【形】後向きな、回顧的な
increased【形】増加した
incidence【名】発生率
examine【動】調査する
adjust【動】調整する
again【副】ふたたび、2度目は





▼This aeek’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During 7 years' follow-up, 51 680 incident invasive cancers and 1 261
incident intracranial CNS tumours occurred.

Risk among ever vs never users of mobile phones was not increased for all
intracranial CNS tumours (RR = 1.01, 95% CI = 0.90-1.14, P = 0.82),
for specified CNS tumour types nor for cancer at 18 other specified sites.

For long-term users compared with never users, there was no appreciable
association for glioma (10+ years: RR = 0.78, 95% CI = 0.55-1.10, P = 0.16) or
meningioma (10+ years: RR = 1.10, 95% CI = 0.66-1.84, P = 0.71).

For acoustic neuroma, there was an increase in risk with long term use vs never
use (10+ years: RR = 2.46, 95% CI = 1.07-5.64, P = 0.03), the risk increasing
with duration of use (trend among users, P = 0.03).


結果:7年間のフォローアップでは、51,680例に浸潤癌が、1,261例に頭蓋内のCNS腫瘍が発現した。

携帯電話の利用者は、非利用者に比べて全ての頭蓋内のCNS腫瘍のリスクが増加することはなく
(RR=1.01、95%CI= 0.90-1.14、P=0.82)、特定のCNS腫瘍およびその他の18の特定部位の癌の
リスクも増加しなかった。

非利用者と比較して、長期利用者では神経膠腫症(10年以上利用者: RR = 0.78、
95%CI=0.55-1.10、P=0.16)および髄膜腫(10年以上利用者: RR=1.10、95% CI=0.66-1.84、
P=0.71)発症との明らかな関連性は認められなかった。

長期利用者では、非利用者と比較して聴神経腫瘍リスクが増加し(10年以上利用者: RR=2.46、
95%CI=1.07-5.64、P = 0.03)、さらに利用期間に伴ってリスクが増加した(利用者における傾向、P=0.03)。



CONCLUSIONS: In this large prospective study, mobile phone use was not associated
with increased incidence of glioma, meningioma or non-CNS cancers.

結論:この大規模前向き研究では、携帯電話の利用と神経膠腫症、髄膜腫およびCNS以外の
癌の発症率増加に関連性は認められなかった。



▼This week’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

intracranial【形】頭蓋内の
specify【動】明記する
appreciable【形】明らかな
acoustic【形】聴覚の
duration【名】期間
associate【動】関連する


以上

posted by ホーライ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究

今回取り上げる文献は

Int J Epidemiol. 2013 May 8. [Epub ahead of print]
University of Oxford

Mobile phone use and risk of brain neoplasms and other cancers: prospective study.
携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Results from some retrospective studies suggest a possible
increased risk of glioma and acoustic neuroma in users of mobile phones.

背景:複数の後向き研究からは、携帯電話利用者での神経膠腫症および聴神経
腫瘍のリスク増加が示唆されている。


METHODS: The relation between mobile phone use and incidence of intracranial
central nervous system (CNS) tumours and other cancers was examined in 791 710
middle-aged women in a UK prospective cohort, the Million Women Study.

Cox regression models were used to estimate adjusted relative risks (RRs) and
95% confidence intervals (CIs).

Women reported mobile phone use in 1999 to 2005 and again in 2009.



方法:英国の中年女性791,710例を対象とした前向き調査である「Million Women Study」のなかで、
携帯電話の利用と、頭蓋内の中枢神経系(CNS)腫瘍およびその他の癌の発症率の関係を調べた。

Cox回帰モデルを使用し、調整した相対リスク(RR)および95%信頼区間(CI)を算出した。

被験者女性が携帯電話の利用状況を1999〜2005年に報告し、その後は2009年に報告を行った。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

retrospective【形】後向きな、回顧的な
increased【形】増加した
incidence【名】発生率
examine【動】調査する
adjust【動】調整する
again【副】ふたたび、2度目は





▼This aeek’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During 7 years' follow-up, 51 680 incident invasive cancers and 1 261
incident intracranial CNS tumours occurred.

Risk among ever vs never users of mobile phones was not increased for all
intracranial CNS tumours (RR = 1.01, 95% CI = 0.90-1.14, P = 0.82),
for specified CNS tumour types nor for cancer at 18 other specified sites.

For long-term users compared with never users, there was no appreciable
association for glioma (10+ years: RR = 0.78, 95% CI = 0.55-1.10, P = 0.16) or
meningioma (10+ years: RR = 1.10, 95% CI = 0.66-1.84, P = 0.71).

For acoustic neuroma, there was an increase in risk with long term use vs never
use (10+ years: RR = 2.46, 95% CI = 1.07-5.64, P = 0.03), the risk increasing
with duration of use (trend among users, P = 0.03).


結果:7年間のフォローアップでは、51,680例に浸潤癌が、1,261例に頭蓋内のCNS腫瘍が発現した。

携帯電話の利用者は、非利用者に比べて全ての頭蓋内のCNS腫瘍のリスクが増加することはなく
(RR=1.01、95%CI= 0.90-1.14、P=0.82)、特定のCNS腫瘍およびその他の18の特定部位の癌の
リスクも増加しなかった。

非利用者と比較して、長期利用者では神経膠腫症(10年以上利用者: RR = 0.78、
95%CI=0.55-1.10、P=0.16)および髄膜腫(10年以上利用者: RR=1.10、95% CI=0.66-1.84、
P=0.71)発症との明らかな関連性は認められなかった。

長期利用者では、非利用者と比較して聴神経腫瘍リスクが増加し(10年以上利用者: RR=2.46、
95%CI=1.07-5.64、P = 0.03)、さらに利用期間に伴ってリスクが増加した(利用者における傾向、P=0.03)。



CONCLUSIONS: In this large prospective study, mobile phone use was not associated
with increased incidence of glioma, meningioma or non-CNS cancers.

結論:この大規模前向き研究では、携帯電話の利用と神経膠腫症、髄膜腫およびCNS以外の
癌の発症率増加に関連性は認められなかった。



▼This week’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

intracranial【形】頭蓋内の
specify【動】明記する
appreciable【形】明らかな
acoustic【形】聴覚の
duration【名】期間
associate【動】関連する


以上

posted by ホーライ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(続き)

今回取り上げる文献は
Clin Cancer Res. 2013 May 6/UT MD Anderson Cancer Center(US)
Platinum-Based Chemotherapy for Variant Castrate-Resistant Prostate Cancer.

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(続き)


RESULTS:

Seventy-four of 113 (65.4%) and 24 of 71 (33.8%) were progression
free after 4 cycles of CD and EP, respectively.Median overall
survival (OS) was 16 months (95% CI, 13.6-19.0 months).



結果:

CDおよびEP療法を4サイクル実施後には、それぞれ113例のうち74例(65.4%)および
71例のうち24例(33.8%)において、増悪が認められなかった。全生存期間(OS)
の中央値は16ヵ月(95% CI:13.6-19.0ヵ月)であった。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

prostate【名】前立腺

anaplastic【名】未分化

visceral【名】内臓

bulky【形】巨大な、かさばった

tumor【名】腫瘍

deprivation【名】枯渇、欠乏

reliable【形】信頼性のある

toxicity【名】毒性

respectively【副】それぞれ

median【名】中央値


以上
posted by ホーライ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法

今回取り上げる文献は
Clin Cancer Res. 2013 May 6/UT MD Anderson Cancer Center(US)
Platinum-Based Chemotherapy for Variant Castrate-Resistant Prostate Cancer.

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Abstract

PURPOSE:

Clinical features characteristic of small-cell prostate carcinoma (SCPC),
(""anaplastic"") often emerge during the progression of prostate cancer.

We sought to determine the efficacy of platinum-based chemotherapy in
patients meeting at least one of seven prospectively defined "anaplastic"
clinical criteria, including exclusive visceral or predominantly lytic
bone metastases, bulky tumor masses, low PSA levels relative to tumor
burden or short response to androgen deprivation therapy.



目的:

前立腺小細胞癌(SCPS)に特異的に見られる臨床的特徴の「未分化」は、前立腺癌
の進行期に認められることが多い。我々は、「未分化」を前向きに定義し得る臨床的
基準7項目のうち1項目以上を満たす患者を対象とし、白金製剤を用いた化学療法の有
効性を検討することとした。

臨床的基準としては、内臓のみへの転移または顕著な溶解性の骨転移を伴うこと
、巨大な腫瘤を認めること、全身腫瘍組織量に比してPSAレベルが低いこと、
あるいはアンドロゲン枯渇療法の効果が認められる期間が短いことなどを設定した。






EXPERIMENTAL DESIGN:

A 120-patient phase II trial of frontline carboplatin and docetaxel (CD)
and second-line etoposide and cisplatin (EP) was designed to provide
reliable clinical response estimates under a Bayesian probability model
with early stopping rules in place for futility and toxicity.



試験デザイン:

120名の患者を対象とした第U相臨床試験で、ファーストライン治療としてカルボ
プラチンとドセタキセル(CD)を、セカンドライン治療としてエトポシドとシスプ
ラチン(EP)を投与した。

効果が認められなかったり、毒性が発現した場合は早期中止とすることを規定し、

ベイジアンの確率モデルを用いた信頼性のある臨床的効果を評価する試験デザインとした。

posted by ホーライ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(3)

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(3)



▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━

EXPERIMENTAL DESIGN:

A 120-patient phase II trial of frontline carboplatin and docetaxel (CD)
and second-line etoposide and cisplatin (EP) was designed to provide
reliable clinical response estimates under a Bayesian probability
model with early stopping rules in place for futility and toxicity.



試験デザイン:

120名の患者を対象とした第U相臨床試験で、ファーストライン治療として
カルボプラチンとドセタキセル(CD)を、セカンドライン治療としてエトポシドと
シスプラチン(EP)を投与した。効果が認められなかったり、毒性が発現した
場合は早期中止とすることを規定し、ベイジアンの確率モデルを用いた信頼性
のある臨床的効果を評価する試験デザインとした。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━


reliable【形】信頼性のある

toxicity【名】毒性




以上

ラベル:白金製剤
posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(2)

▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

We sought to determine the efficacy of platinum-based chemotherapy
in patients meeting at least one of seven prospectively defined "anaplastic"
clinical criteria, including exclusive visceral or predominantly lytic
bone metastases, bulky tumor masses, low PSA levels relative to tumor burden
or short response to androgen deprivation therapy.



我々は、「未分化」を前向きに定義し得る臨床的基準7項目のうち1項目以上を
満たす患者を対象とし、白金製剤を用いた化学療法の有効性を検討することとした。

臨床的基準としては、内臓のみへの転移または顕著な溶解性の骨転移を伴うこと、
巨大な腫瘤を認めること、全身腫瘍組織量に比してPSAレベルが低いこと、
あるいはアンドロゲン枯渇療法の効果が認められる期間が短いことなどを設定した。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━

visceral【名】内臓

bulky【形】巨大な、かさばった

tumor【名】腫瘍

deprivation【名】枯渇、欠乏

posted by ホーライ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法(1)

今回取り上げる文献は

Clin Cancer Res. 2013 May 6/UT MD Anderson Cancer Center(US)
Platinum-Based Chemotherapy for Variant Castrate-Resistant Prostate Cancer.

異形成性の去勢抵抗性前立腺癌に対する白金製剤を用いた化学療法


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━

Abstract

PURPOSE:

Clinical features characteristic of small-cell prostate carcinoma (SCPC),
(""anaplastic"") often emerge during the progression of prostate cancer.

目的:

前立腺小細胞癌(SCPS)に特異的に見られる臨床的特徴の「未分化」は、前立腺癌の進行期に認められることが多い。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━

prostate【名】前立腺

anaplastic【名】未分化


posted by ホーライ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子

Incidence and predictors of all-cause and site-specific cancer in type 2 diabetes: The Fremantle Diabetes Study.

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子:The Fremantle Diabetes Study.



Abstract

OBJECTIVE: To explore the relationship between diabetes and cancer.

目的:糖尿病とがんの関連性を調査すること。




【重要英単語】

explore【動】〜を調査する

relationship【名】関連

diabetes【名】糖尿病

cancer【名】がん







DESIGN: The Fremantle Diabetes Study (FDS) was a community-based longitudinal observational study of 1,426 subjects, 1,294 with type 2 diabetes.

試験デザイン:The Fremantle Diabetes Study (FDS)は、1,426名の地域住民を対象とした長期観察研究であり、そのうちの1,294名が2型糖尿病患者であった。


【重要英単語】

community-based【形】地域社会に基づく

longitudinal【形】長期的な

observational study 観察研究





METHODS: The FDS type 2 cohort and four age-, sex- and postcode-matched controls per case were followed for cancer events from 1993 until mid-2010.

方法:1993年から2010年上半期まで、FDSの2型糖尿病症例と、その症例1名に対して年齢、性別、郵便番号でマッチングさせた4名の対照例について、がんイベントの発症を追跡した。


【重要英単語】


cohort【名】《統計》群




Incidence rate ratios (IRRs) were calculated and competing risks proportional hazards models generated risk factors for incident cancer.

罹患率比(IRRs)を計算し、競合リスクを考慮に入れた比例ハザードモデルを用いて、がん発生のリスク因子を同定した。


【重要英単語】

Incidence rate ratios (IRRs) 罹患率比

competing risks 競合リスク

proportional hazards 比例ハザード







RESULTS: There were 309 first cancers over 13,051 patient-years, or 2,368 (95% CI 2,111-2,647)/100,000 patient-years in the diabetes patients vs 1,131 over 60,324 patient-years (1,875 (1,769-1,987)/100,000 patient-years) in the controls.

結果:糖尿病患者では13,051 患者年の追跡調査の結果、309回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり2,368回(95% 信頼区間 2,111〜2,647)であった。一方、対照群では60,324患者年の追跡調査の結果、1,131回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり1,875回(1,769〜1,987)であった。



【重要英単語】

patient-years 患者年

control【名】対照群



以上

posted by ホーライ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子(4)

For those aged ;45 years, the risk of all-cause cancer was elevated in type 2 diabetic men (IRR 1.23, 95% CI 1.04-1.45) and women (1.30, 1.06-1.59).

45歳以上では、あらゆる原因による発がんのリスクは、2型糖尿病の男性および女性患者で上昇していた(男性でのIRR 1.23、 95% 信頼区間 1.04〜1.45、女性でのIRR 1.30、95%信頼区間1.06〜1.59)。


【重要語彙】

elevate【動】高める




For colorectal cancer, the incidence was increased, especially in diabetic men aged 75-84 years (2.14, 1.22-3.64).

結腸直腸がんにおいても糖尿病患者で発症率が高く、特に75〜84歳の糖尿病男性患者で発症率が増加していた(IRR 2.14、95%信頼区間 1.22〜3.64)。


【重要語彙】

colorectal cancer 結腸直腸がん
incidence【名】発生率
especially【副】特に



Age at diabetes diagnosis (sub-hazard ratio 1.05, 1.02-1.09), calcium channel blocker therapy (2.37, 1.39-4.06), recent exercise (2.11, 1.06-4.20) and serum total cholesterol (0.68, 0.52-0.88) increased colorectal cancer risk.

結腸直腸がんのリスクを増加させる因子として、糖尿病と診断された年齢(サブハザード比1.05、 95%信頼区間 1.02〜1.09)、カルシウムチャンネル遮断薬の服用(サブハザード比2.37、95%信頼区間 1.39〜4.06)、最近の運動量(サブハザード比2.11、95%信頼区間 1.06〜4.20)、血清総コレステロール(サブハザード比0.68、95%信頼区間 0.52〜0.88)が同定された。


【重要語彙】

diagnosis【名】診断
serum total cholesterol 血清総コレステロール




Diabetic men had a similar risk of prostate cancer to that in non-diabetic males but metformin therapy increased the risk (2.16, 1.19-3.90), while fasting serum glucose and albuminuria were associated with reduced risk.

糖尿病男性患者の前立腺がんのリスクは非糖尿病の男性と同等であったが、メトホルミンの服用はリスクを増加させていた(サブハザード比2.16、95%信頼区間 1.19〜3.90)。
一方、空腹時血糖とアルブミン尿はリスク低下と関連していた。


【重要語彙】

prostate cancer 前立腺がん
non-diabetic【形】糖尿病にかかっていない 
fasting serum glucose 空腹時血糖




CONCLUSIONS: Type 2 diabetes is associated with a moderately increased cancer risk, especially colorectal cancer in older men, in well-characterised community-based patients and matched controls. Recommended cancer screening should be considered as part of routine diabetes management.

結論:被験者背景が十分に特定された地域住民において、2型糖尿病症例とそれにマッチングさせた対照例の比較では、前者のがんの発症リスクが中程度に増加し、特に高齢男性の結腸直腸がんのリスクが顕著であった。
推奨されているがんスクリーニングは、糖尿病診療でのルーティン検査として一考に値する。


【重要語彙】

associate with 連合する 容易に結びつけられる
screening【名】スクリーニング(症状が現れる前に病気を発見するための検査)
consider【動】考察する、検討する
posted by ホーライ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

2型糖尿病患者におけ全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子(3)

METHODS: The FDS type 2 cohort and four age-, sex- and postcode-matched controls per case were followed for cancer events from 1993 until mid-2010.

方法:1993年から2010年上半期まで、FDSの2型糖尿病症例と、その症例1名に対して年齢、性別、郵便番号でマッチングさせた4名の対照例について、がんイベントの発症を追跡した。


【重要語彙】

cohort【名】《統計》群





Incidence rate ratios (IRRs) were calculated and competing risks proportional hazards models generated risk factors for incident cancer.

罹患率比(IRRs)を計算し、競合リスクを考慮に入れた比例ハザードモデルを用いて、がん発生のリスク因子を同定した。


【重要語彙】

Incidence rate ratios (IRRs) 罹患率比
competing risks 競合リスク
proportional hazards 比例ハザード
generate【動】生成する、発生させる



RESULTS: There were 309 first cancers over 13,051 patient-years, or 2,368 (95% CI 2,111-2,647)/100,000 patient-years in the diabetes patients vs 1,131 over 60,324 patient-years (1,875 (1,769-1,987)/100,000 patient-years) in the controls.

結果:糖尿病患者では13,051 患者年の追跡調査の結果、309回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり2,368回(95% 信頼区間 2,111〜2,647)であった。一方、対照群では60,324患者年の追跡調査の結果、1,131回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり1,875回(1,769〜1,987)であった。


【重要語彙】

patient-years 患者年
control【名】対照群

posted by ホーライ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

2型糖尿病患者におけ全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子(2)

DESIGN: The Fremantle Diabetes Study (FDS) was a community-based longitudinal observational study of 1,426 subjects, 1,294 with type 2 diabetes.

試験デザイン:The Fremantle Diabetes Study (FDS)は、1,426名の地域住民を対象とした長期観察研究であり、そのうちの1,294名が2型糖尿病患者であった。


【重要語彙】

●community-based【形】地域社会に基づく

●longitudinal【形】長期的な

●observational study 観察研究


posted by ホーライ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

2型糖尿病患者におけ全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子(1)

●今回取り上げる文献は「2型糖尿病患者におけ全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子」です。


Eur J Endocrinol. 2012 Aug 14.
Baker IDI Heart and Diabetes Institute

Incidence and predictors of all-cause and site-specific cancer in type 2 diabetes: The Fremantle Diabetes Study.

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子:The Fremantle Diabetes Study.

Abstract
OBJECTIVE: To explore the relationship between diabetes and cancer.

目的:糖尿病とがんの関連性を調査すること。


【重要語彙】

incidence【名】発生率
predictor【名】予測因子
site-specific 臓器特異的な
explore【動】〜を調査する
relationship【名】関連
diabetes【名】糖尿病
cancer【名】がん

posted by ホーライ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。