2014年06月08日

今回取り上げる文献は : Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.

今回取り上げる文献は
Asthma and occupation in the 1958 birth cohort.

1958年生まれのコホートにおける喘息と職業

Thorax. 2013 Jan 21. doi: 10.1136/thoraxjnl-2012-202151. [Epub ahead of print] Imperial College (UK)

▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OBJECTIVE: To examine the association of adult onset asthma with
lifetime exposure to occupations and occupational exposures.

目的:成人喘息の発症と、生涯の就業および職業上の曝露因子との関連性を調査すること。


METHODS: We generated lifetime occupational histories for 9488
members of the British 1958 birth cohort up to age 42 years.

Blind to asthma status, jobs were coded to the International
Standard Classification of Occupations 1988 and an Asthma Specific
Job Exposure Matrix (ASJEM) with an expert re-evaluation step.


Associations of jobs and ASJEM exposures with adult onset asthma
were assessed in logistic regression models adjusting for sex,
smoking, social class at birth and childhood hay fever.



方法:我々は、英国で1958年に生まれた9488名について42歳までの職業経歴を作成した。

喘息発症に関しては盲検化したうえで、専門家が1988年の国際標準職業分類と
Asthma Specific Job Exposure Matrix(ASJEM)を使用して職業をコード分類し直した。

職業およびASJEM曝露因子と、成人喘息発症との関連性はロジスティック回帰モデルを用い
、性、喫煙歴、出生時の社会的地位および小児期の花粉症を調整因子として評価した。




RESULTS: Of the 7406 cohort members with no asthma or wheezy bronchitis
in childhood, 639 (9%) reported asthma by age 42 years.

結果:小児期に喘息や喘鳴を伴う気管支炎に罹患しなかった7406名のコホートのうち、
639名(9%)が42歳までに喘息を発症していた。




▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

asthma 【名】喘息

exposure 【名】曝露、露出

generate 【動】生成する、作成する

blind 【形】目の不自由な、盲目的な

assess 【動】評価する、査定する

regression 【名】回帰、退行

bronchitis 【名】気管支炎

posted by ホーライ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。