2014年05月18日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子

Incidence and predictors of all-cause and site-specific cancer in type 2 diabetes: The Fremantle Diabetes Study.

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子:The Fremantle Diabetes Study.



Abstract

OBJECTIVE: To explore the relationship between diabetes and cancer.

目的:糖尿病とがんの関連性を調査すること。




【重要英単語】

explore【動】〜を調査する

relationship【名】関連

diabetes【名】糖尿病

cancer【名】がん







DESIGN: The Fremantle Diabetes Study (FDS) was a community-based longitudinal observational study of 1,426 subjects, 1,294 with type 2 diabetes.

試験デザイン:The Fremantle Diabetes Study (FDS)は、1,426名の地域住民を対象とした長期観察研究であり、そのうちの1,294名が2型糖尿病患者であった。


【重要英単語】

community-based【形】地域社会に基づく

longitudinal【形】長期的な

observational study 観察研究





METHODS: The FDS type 2 cohort and four age-, sex- and postcode-matched controls per case were followed for cancer events from 1993 until mid-2010.

方法:1993年から2010年上半期まで、FDSの2型糖尿病症例と、その症例1名に対して年齢、性別、郵便番号でマッチングさせた4名の対照例について、がんイベントの発症を追跡した。


【重要英単語】


cohort【名】《統計》群




Incidence rate ratios (IRRs) were calculated and competing risks proportional hazards models generated risk factors for incident cancer.

罹患率比(IRRs)を計算し、競合リスクを考慮に入れた比例ハザードモデルを用いて、がん発生のリスク因子を同定した。


【重要英単語】

Incidence rate ratios (IRRs) 罹患率比

competing risks 競合リスク

proportional hazards 比例ハザード







RESULTS: There were 309 first cancers over 13,051 patient-years, or 2,368 (95% CI 2,111-2,647)/100,000 patient-years in the diabetes patients vs 1,131 over 60,324 patient-years (1,875 (1,769-1,987)/100,000 patient-years) in the controls.

結果:糖尿病患者では13,051 患者年の追跡調査の結果、309回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり2,368回(95% 信頼区間 2,111〜2,647)であった。一方、対照群では60,324患者年の追跡調査の結果、1,131回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり1,875回(1,769〜1,987)であった。



【重要英単語】

patient-years 患者年

control【名】対照群



以上

posted by ホーライ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。