2014年05月10日

抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

Antibiotic stewardship and early discharge from hospital: impact of a structured approach to antimicrobial management
抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

OBJECTIVES: To assess the impact of an infection team review of patients receiving antibiotics in six hospitals across the UK and to establish the suitability of these patients for continued care in the community.

目的:抗菌薬が処方されている患者を対象とし、その診療について感染症チームが評価することによって得られる効果を英国の6つの病院で調べ、さらに地域での継続的な医療ケアが必要な患者について適切な治療法を確立すること。


【メディカル英単語】

infection【名】感染症
antibiotic【名】抗菌薬



METHODS: An evaluation audit tool was used to assess all patients on antibiotic treatment on acute wards on a given day. Clinical and antibiotic use data were collected by an infection team (doctor, nurse and antibiotic pharmacist).

方法:ある特定の日に救急病棟で抗菌薬が処方されていた全ての患者を対象とし、評価・監査ツールを用いて評価した。臨床効果および抗菌薬の使用に関するデータを、感染症チーム(医師、看護師、抗菌薬の専門薬剤師)が収集した。


【メディカル英単語】

audit【名】監査
pharmacist【名】薬剤師




Assessments were made of the requirement for continuing antibiotic treatment, route and duration [including intravenous (iv)/oral switch] and of the suitability of the patients for discharge from hospital and their requirement for community support.

感染症チームが評価した内容は、抗菌薬による継続的な治療の必要性、投与経路、投与期間(静注から経口薬への切り替えも含む)、退院患者の治療法の適切性、地域での支援の必要性であった。


【メディカル英単語】

duration【名】期間
intravenous【形】静脈注射の



RESULTS: Of 1356 patients reviewed, 429 (32%) were on systemic antibiotics, comprising 165 (38%) on iv ± oral antibiotics and 264 (62%) on oral antibiotics alone.

結果:1,356例の患者のうち、429例(32%)が全身性の抗菌薬投与を受けており、その内の165例(38%)が静注±経口、264例(62%)が経口投与のみであった。


【メディカル英単語】

comprise【動】含む
alone【形】単独で



Ninety-nine (23%) patients (including 26 on iv antibiotics) had their antibiotics stopped immediately on clinical grounds.

静注の26例を含む99例(23%)は、臨床的理由に基づきすぐに抗菌薬の使用が中止された。


【メディカル英単語】

immediately【副】直ちに、すぐに



The other 330 (77%) patients (including 139 on iv antibiotics) needed to continue antibiotics, although 47 (34%) could be switched to oral.

静注の139例を含むその他の330例(77%)は、継続投与が必要と判断されたが、47例(34%)は経口薬へ切り替えることができた。


【メディカル英単語】

continue【動】継続する

Eighty-nine (21%) patients were considered eligible for discharge, comprising 10 who would have required outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT), 55 who were suitable for oral outpatient treatment and 24 who had their antibiotics stopped.

89例(21%)は退院の基準を満たすと判断され、その内訳は外来抗菌薬静注療法(OPAT)が必要な10例、経口薬による外来治療の適応となった55例、抗菌薬の投与を中止した24例であった。

【重要英単語】

outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT):外来抗菌薬静注療法




CONCLUSIONS: Infection team review had a significant impact on antimicrobial use, facilitating iv to oral switch and a reduction in the volume of antibiotic use, possibly reducing the risk of healthcare-associated complications and infections.

結論:感染症チームが評価することで、静注から経口薬への切り替えが促進され、抗菌薬の使用量が削減するなど顕著な効果が認められ、さらに医療関連の合併症や感染症のリスク低減に繋がる可能性が示された。


【重要英単語】

facilitate【動】促進する

reduction【名】縮小する




It identified many patients who could potentially have been managed in the community with appropriate resources, saving 481 bed-days. The health economics are reported in a companion paper.

地域の適切な医療資源を活用することで管理可能と考えられる、多数の患者を見出すことができ、そのことで入院日数を481日減らすことが可能である。医療経済学的な知見に関しては姉妹紙に報告されている。


【重要英単語】

identified【形】確立された
potentially【副】潜在的に


posted by ホーライ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗菌薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。