2014年05月08日

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)まとめ

【先週と今週のまとめ】

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

OBJECTIVE:

Patients and physicians often differ in their perceptions of rheumatoid arthritis (RA) disease activity, as quantified by the patient's global assessment (PGA) and by the evaluator's global assessment (EGA).

The purpose of this study was to explore the extent and reasons for this discordance.



METHODS:

We identified variance components for the PGA and EGA in RA patients who were starting therapy with methotrexate in an academic outpatient setting.

We analyzed predictors of the observed discrepancy in these measures (calculated as the PGA minus the EGA) and in their changes (calculated as the PGA (change) minus the EGA (change) ).



RESULTS:

We identified 646 RA patients, and among them, 77.4% of the variability in the PGA and 66.7% of the variability in the EGA were explainable.


The main determinants for the PGA were pain (75.6%), function (1.3%, by Health Assessment Questionnaire), and number of swollen joints (0.5%); those for the EGA were the number of swollen joints (60.9%), pain (4.5%), function (0.6%), C-reactive protein (0.4%), and the number of tender joints (0.3%).


Increased pain led to a discrepancy toward worse patient perception, while increased numbers of swollen joints led to a discrepancy toward worse evaluator perception, both explaining 65% of the discordance between the PGA and the EGA.

Likewise, changes in pain scores and numbers of swollen joints proved to be the main determinants for discrepant perceptions of changes in RA disease activity, explaining 34.6% and 12.5% of the discordance, respectively.



CONCLUSION:

The most significant determinants for the cross-sectional and longitudinal discrepancy between the PGA and the EGA are pain and joint swelling, respectively. Understanding the reasons for a discordant view of disease activity will help to facilitate the sharing of decision-making in the management of RA.






関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違

目的:

関節リウマチ(RA)の疾患活動性は、患者の全般的評価(PGA)および評価者である医師の全般的評価(EGA)によって定量化されるが、患者と医師の評価は異なることが多い。今回の研究目的は、この不一致の程度とその理由を調査することである。


方法:

我々は、研究病院でメトトレキサートによる治療を開始した外来のRA患者を対象とし、PGAおよびEGAにおいて相違が認められる項目を同定した。また、評価値の相違(PGA値-EGA値として算出)および評価の変化値の相違(PGAの変化値-EGAの変化値として算出)について、予測し得る因子を解析した。


結果:

646名のRA患者において、PGAの相違の77.4%、EGAの相違の66.7%が説明可能なものとして同定できた。


PGAに相違を生じさせる主な決定因子は、疼痛(75.6%)、機能(1.3%、健康評価質問票による評価)および腫脹関節数(0.5%)であった。一方、EGAでは、腫脹関節数(60.9%)、疼痛(4.5%)、機能(0.6%)、C反応性タンパク質(0.4%)および圧痛関節数(0.3%)が主な決定因子であった。


疼痛が増すと患者の評価結果が悪くなり、腫脹関節数が増えると評価者の評価結果が悪くなる傾向が認められた。これら両者で65%の不一致を説明することが可能であった。


同様に、疼痛スコアおよび腫脹関節数の変化が、RAの疾患活動性の変化値に相違を生じさせる主要な決定因子であることが明らかになり、それぞれ34.6%および12.5%の不一致を説明することが可能であった。


結論:

PGAおよびEGAに横断的、縦断的な相違を生じさせる最も重要な決定因子は、それぞれ疼痛および腫脹関節数である。疾患活動性を評価するときの不一致の理由を認識することは、RA診療方針を共有したうえで決定することを促がし、その一助となるであろう。



以上


posted by ホーライ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396268409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。