2014年08月31日

便秘と結腸・直腸癌の関連性:観察研究のシステマティックレビューおよびメタ解析

今回取り上げる文献は

Am J Gastroenterol. 2013 Jun;108(6):894-903. doi: 10.1038/ajg.2013.52. Epub 2013 Mar 12.

Association between constipation and colorectal cancer: systematic review and meta-analysis of observational studies.

便秘と結腸・直腸癌の関連性:観察研究のシステマティックレビューおよびメタ解析


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESULTS:

The search strategy identified 2,282 citations, of which 28 were eligible.

In eight cross-sectional surveys, presence of constipation as the primary
indication for colonoscopy was associated with a lower prevalence of CRC
(OR=0.56; 95% CI 0.36-0.89).

There was a trend toward a reduction in odds of CRC in constipation in
three cohort studies (OR=0.80; 95% CI 0.61-1.04).

The prevalence of constipation in CRC was significantly higher than in controls without CRC
in 17 case-control studies (OR=1.68; 95% CI 1.29-2.18), but with significant
heterogeneity, and possible publication bias.



結果:

定めた検索方法により2,282件の文献が選択され、そのうちの28件が適格とされた。

8つの横断的調査において、結腸内視鏡検査での主要な所見として便秘が認められた患者では、CRCの有病率が低かった(OR=0.56; CI 0.36-0.89)。

3つのコホート研究において、便秘患者ではCRC有病率のORが低下する傾向が認められた(OR=0.80; 95% CI 0.61-1.04)。

17のケース・コントロール研究において、CRC患者での便秘の有病率は、CRCを罹患しない
コントロール被験者での有病率よりも有意に高かった(OR=1.68; 95% CI 1.29-2.18)。

ただし、顕著な不均一性が認められ、出版バイアスの可能性も示された。






CONCLUSIONS:

Prospective cross-sectional surveys and cohort studies demonstrate no increase
in prevalence of CRC in patients or individuals with constipation.

The significant association observed in case-control studies may relate to recall bias.



結論:

前向きの横断的調査およびコホート研究では、便秘患者や便秘症状を有する被験者において
CRCの有病率は増加しないことが示されている。

ケース・コントロール研究で認められた有意な相関性は、思い出しバイアスに起因すると考えられる。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

colonoscopy【名】結腸内視鏡検査

reduction【名】縮小、低下

heterogeneity【名】不均質、不均一性

demonstrate【動】証明する、論証する

recall bias 思い出しバイアス


以上

posted by ホーライ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃腸関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

便秘と結腸・直腸癌の関連性:観察研究のシステマティックレビューおよびメタ解析

今回取り上げる文献は

Am J Gastroenterol. 2013 Jun;108(6):894-903. doi: 10.1038/ajg.2013.52. Epub 2013 Mar 12.
Association between constipation and colorectal cancer: systematic review and meta-analysis of observational studies.

便秘と結腸・直腸癌の関連性:観察研究のシステマティックレビューおよびメタ解析


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Abstract

OBJECTIVES:

Constipation is common in the community, and may affect survival adversely.

An association between constipation and development of colorectal cancer (CRC)
could be one possible explanation. We performed a systematic review and meta-analysis examining this issue.


目的:

地域社会での便秘の有病率は高く、余命に悪影響を及ぼす可能性もある。

便秘と結腸・直腸癌(CRC)の発症に関連性があることが、その理由の1つであると推測される。

我々はこの点を明確にするため、システマティックレビューおよびメタ解析を実施した。



METHODS:

We searched MEDLINE, EMBASE, and EMBASE Classic (through July 2012).

Eligible studies were cross-sectional surveys, cohort studies, or case-control
studies reporting the association between constipation and CRC.

For cross-sectional surveys and cohort studies, we recorded number of subjects
with CRC according to the constipation status, and for case-control studies,
number of subjects with constipation according to CRC status were recorded.

Study quality was assessed according to published criteria.

Data were pooled using a random effects model, and the association between CRC
and constipation was summarized using an odds ratio (OR) with a 95% confidence interval (CI).


方法:

MEDLINE、EMBASEおよびEMBASE Classicでの検索(2012年7月まで)を行った。

選択した研究は、便秘とCRCの関連性を報告している横断的調査、コホート研究または
ケース・コントロール研究とした。

横断的調査やコホート研究の場合は便秘の罹患の有無に分けてCRCの患者数を記録し、
ケース・コントロール研究の場合はCRCの罹患の有無に分けて便秘の患者数を記録した。

研究の質は、論文化されている基準に準じて評価した。データ集積には変量効果モデルを用い、
CRCと便秘の関連性はオッズ比(OR)とその95%信頼区間(CI)により要約した。


▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

constipation【名】便秘

adversely【副】逆に、反対に

colorectal cancer 結腸・直腸癌

eligible【形】適格な

status【名】事情、状態

random effects model 変量効果モデル


以上
posted by ホーライ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃腸関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究

今回取り上げる文献は

Int J Epidemiol. 2013 May 8. [Epub ahead of print]
University of Oxford

Mobile phone use and risk of brain neoplasms and other cancers: prospective study.
携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Results from some retrospective studies suggest a possible
increased risk of glioma and acoustic neuroma in users of mobile phones.

背景:複数の後向き研究からは、携帯電話利用者での神経膠腫症および聴神経
腫瘍のリスク増加が示唆されている。


METHODS: The relation between mobile phone use and incidence of intracranial
central nervous system (CNS) tumours and other cancers was examined in 791 710
middle-aged women in a UK prospective cohort, the Million Women Study.

Cox regression models were used to estimate adjusted relative risks (RRs) and
95% confidence intervals (CIs).

Women reported mobile phone use in 1999 to 2005 and again in 2009.



方法:英国の中年女性791,710例を対象とした前向き調査である「Million Women Study」のなかで、
携帯電話の利用と、頭蓋内の中枢神経系(CNS)腫瘍およびその他の癌の発症率の関係を調べた。

Cox回帰モデルを使用し、調整した相対リスク(RR)および95%信頼区間(CI)を算出した。

被験者女性が携帯電話の利用状況を1999〜2005年に報告し、その後は2009年に報告を行った。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

retrospective【形】後向きな、回顧的な
increased【形】増加した
incidence【名】発生率
examine【動】調査する
adjust【動】調整する
again【副】ふたたび、2度目は





▼This aeek’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During 7 years' follow-up, 51 680 incident invasive cancers and 1 261
incident intracranial CNS tumours occurred.

Risk among ever vs never users of mobile phones was not increased for all
intracranial CNS tumours (RR = 1.01, 95% CI = 0.90-1.14, P = 0.82),
for specified CNS tumour types nor for cancer at 18 other specified sites.

For long-term users compared with never users, there was no appreciable
association for glioma (10+ years: RR = 0.78, 95% CI = 0.55-1.10, P = 0.16) or
meningioma (10+ years: RR = 1.10, 95% CI = 0.66-1.84, P = 0.71).

For acoustic neuroma, there was an increase in risk with long term use vs never
use (10+ years: RR = 2.46, 95% CI = 1.07-5.64, P = 0.03), the risk increasing
with duration of use (trend among users, P = 0.03).


結果:7年間のフォローアップでは、51,680例に浸潤癌が、1,261例に頭蓋内のCNS腫瘍が発現した。

携帯電話の利用者は、非利用者に比べて全ての頭蓋内のCNS腫瘍のリスクが増加することはなく
(RR=1.01、95%CI= 0.90-1.14、P=0.82)、特定のCNS腫瘍およびその他の18の特定部位の癌の
リスクも増加しなかった。

非利用者と比較して、長期利用者では神経膠腫症(10年以上利用者: RR = 0.78、
95%CI=0.55-1.10、P=0.16)および髄膜腫(10年以上利用者: RR=1.10、95% CI=0.66-1.84、
P=0.71)発症との明らかな関連性は認められなかった。

長期利用者では、非利用者と比較して聴神経腫瘍リスクが増加し(10年以上利用者: RR=2.46、
95%CI=1.07-5.64、P = 0.03)、さらに利用期間に伴ってリスクが増加した(利用者における傾向、P=0.03)。



CONCLUSIONS: In this large prospective study, mobile phone use was not associated
with increased incidence of glioma, meningioma or non-CNS cancers.

結論:この大規模前向き研究では、携帯電話の利用と神経膠腫症、髄膜腫およびCNS以外の
癌の発症率増加に関連性は認められなかった。



▼This week’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

intracranial【形】頭蓋内の
specify【動】明記する
appreciable【形】明らかな
acoustic【形】聴覚の
duration【名】期間
associate【動】関連する


以上

posted by ホーライ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究

今回取り上げる文献は

Int J Epidemiol. 2013 May 8. [Epub ahead of print]
University of Oxford

Mobile phone use and risk of brain neoplasms and other cancers: prospective study.
携帯電話の利用と脳腫瘍およびその他の癌のリスク:前向き研究


▼Today’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BACKGROUND: Results from some retrospective studies suggest a possible
increased risk of glioma and acoustic neuroma in users of mobile phones.

背景:複数の後向き研究からは、携帯電話利用者での神経膠腫症および聴神経
腫瘍のリスク増加が示唆されている。


METHODS: The relation between mobile phone use and incidence of intracranial
central nervous system (CNS) tumours and other cancers was examined in 791 710
middle-aged women in a UK prospective cohort, the Million Women Study.

Cox regression models were used to estimate adjusted relative risks (RRs) and
95% confidence intervals (CIs).

Women reported mobile phone use in 1999 to 2005 and again in 2009.



方法:英国の中年女性791,710例を対象とした前向き調査である「Million Women Study」のなかで、
携帯電話の利用と、頭蓋内の中枢神経系(CNS)腫瘍およびその他の癌の発症率の関係を調べた。

Cox回帰モデルを使用し、調整した相対リスク(RR)および95%信頼区間(CI)を算出した。

被験者女性が携帯電話の利用状況を1999〜2005年に報告し、その後は2009年に報告を行った。



▼Today’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

retrospective【形】後向きな、回顧的な
increased【形】増加した
incidence【名】発生率
examine【動】調査する
adjust【動】調整する
again【副】ふたたび、2度目は





▼This aeek’s SENTENCE▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RESULTS: During 7 years' follow-up, 51 680 incident invasive cancers and 1 261
incident intracranial CNS tumours occurred.

Risk among ever vs never users of mobile phones was not increased for all
intracranial CNS tumours (RR = 1.01, 95% CI = 0.90-1.14, P = 0.82),
for specified CNS tumour types nor for cancer at 18 other specified sites.

For long-term users compared with never users, there was no appreciable
association for glioma (10+ years: RR = 0.78, 95% CI = 0.55-1.10, P = 0.16) or
meningioma (10+ years: RR = 1.10, 95% CI = 0.66-1.84, P = 0.71).

For acoustic neuroma, there was an increase in risk with long term use vs never
use (10+ years: RR = 2.46, 95% CI = 1.07-5.64, P = 0.03), the risk increasing
with duration of use (trend among users, P = 0.03).


結果:7年間のフォローアップでは、51,680例に浸潤癌が、1,261例に頭蓋内のCNS腫瘍が発現した。

携帯電話の利用者は、非利用者に比べて全ての頭蓋内のCNS腫瘍のリスクが増加することはなく
(RR=1.01、95%CI= 0.90-1.14、P=0.82)、特定のCNS腫瘍およびその他の18の特定部位の癌の
リスクも増加しなかった。

非利用者と比較して、長期利用者では神経膠腫症(10年以上利用者: RR = 0.78、
95%CI=0.55-1.10、P=0.16)および髄膜腫(10年以上利用者: RR=1.10、95% CI=0.66-1.84、
P=0.71)発症との明らかな関連性は認められなかった。

長期利用者では、非利用者と比較して聴神経腫瘍リスクが増加し(10年以上利用者: RR=2.46、
95%CI=1.07-5.64、P = 0.03)、さらに利用期間に伴ってリスクが増加した(利用者における傾向、P=0.03)。



CONCLUSIONS: In this large prospective study, mobile phone use was not associated
with increased incidence of glioma, meningioma or non-CNS cancers.

結論:この大規模前向き研究では、携帯電話の利用と神経膠腫症、髄膜腫およびCNS以外の
癌の発症率増加に関連性は認められなかった。



▼This week’s VOCABULARY▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

intracranial【形】頭蓋内の
specify【動】明記する
appreciable【形】明らかな
acoustic【形】聴覚の
duration【名】期間
associate【動】関連する


以上

posted by ホーライ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。