2014年05月18日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子

Incidence and predictors of all-cause and site-specific cancer in type 2 diabetes: The Fremantle Diabetes Study.

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子:The Fremantle Diabetes Study.



Abstract

OBJECTIVE: To explore the relationship between diabetes and cancer.

目的:糖尿病とがんの関連性を調査すること。




【重要英単語】

explore【動】〜を調査する

relationship【名】関連

diabetes【名】糖尿病

cancer【名】がん







DESIGN: The Fremantle Diabetes Study (FDS) was a community-based longitudinal observational study of 1,426 subjects, 1,294 with type 2 diabetes.

試験デザイン:The Fremantle Diabetes Study (FDS)は、1,426名の地域住民を対象とした長期観察研究であり、そのうちの1,294名が2型糖尿病患者であった。


【重要英単語】

community-based【形】地域社会に基づく

longitudinal【形】長期的な

observational study 観察研究





METHODS: The FDS type 2 cohort and four age-, sex- and postcode-matched controls per case were followed for cancer events from 1993 until mid-2010.

方法:1993年から2010年上半期まで、FDSの2型糖尿病症例と、その症例1名に対して年齢、性別、郵便番号でマッチングさせた4名の対照例について、がんイベントの発症を追跡した。


【重要英単語】


cohort【名】《統計》群




Incidence rate ratios (IRRs) were calculated and competing risks proportional hazards models generated risk factors for incident cancer.

罹患率比(IRRs)を計算し、競合リスクを考慮に入れた比例ハザードモデルを用いて、がん発生のリスク因子を同定した。


【重要英単語】

Incidence rate ratios (IRRs) 罹患率比

competing risks 競合リスク

proportional hazards 比例ハザード







RESULTS: There were 309 first cancers over 13,051 patient-years, or 2,368 (95% CI 2,111-2,647)/100,000 patient-years in the diabetes patients vs 1,131 over 60,324 patient-years (1,875 (1,769-1,987)/100,000 patient-years) in the controls.

結果:糖尿病患者では13,051 患者年の追跡調査の結果、309回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり2,368回(95% 信頼区間 2,111〜2,647)であった。一方、対照群では60,324患者年の追跡調査の結果、1,131回のがんの初発が認められ、100,000患者年あたり1,875回(1,769〜1,987)であった。



【重要英単語】

patient-years 患者年

control【名】対照群



以上

posted by ホーライ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

Antibiotic stewardship and early discharge from hospital: impact of a structured approach to antimicrobial management
抗菌薬の適正管理と早期退院: 抗菌薬管理のための構造体系的なアプローチの効果

OBJECTIVES: To assess the impact of an infection team review of patients receiving antibiotics in six hospitals across the UK and to establish the suitability of these patients for continued care in the community.

目的:抗菌薬が処方されている患者を対象とし、その診療について感染症チームが評価することによって得られる効果を英国の6つの病院で調べ、さらに地域での継続的な医療ケアが必要な患者について適切な治療法を確立すること。


【メディカル英単語】

infection【名】感染症
antibiotic【名】抗菌薬



METHODS: An evaluation audit tool was used to assess all patients on antibiotic treatment on acute wards on a given day. Clinical and antibiotic use data were collected by an infection team (doctor, nurse and antibiotic pharmacist).

方法:ある特定の日に救急病棟で抗菌薬が処方されていた全ての患者を対象とし、評価・監査ツールを用いて評価した。臨床効果および抗菌薬の使用に関するデータを、感染症チーム(医師、看護師、抗菌薬の専門薬剤師)が収集した。


【メディカル英単語】

audit【名】監査
pharmacist【名】薬剤師




Assessments were made of the requirement for continuing antibiotic treatment, route and duration [including intravenous (iv)/oral switch] and of the suitability of the patients for discharge from hospital and their requirement for community support.

感染症チームが評価した内容は、抗菌薬による継続的な治療の必要性、投与経路、投与期間(静注から経口薬への切り替えも含む)、退院患者の治療法の適切性、地域での支援の必要性であった。


【メディカル英単語】

duration【名】期間
intravenous【形】静脈注射の



RESULTS: Of 1356 patients reviewed, 429 (32%) were on systemic antibiotics, comprising 165 (38%) on iv ± oral antibiotics and 264 (62%) on oral antibiotics alone.

結果:1,356例の患者のうち、429例(32%)が全身性の抗菌薬投与を受けており、その内の165例(38%)が静注±経口、264例(62%)が経口投与のみであった。


【メディカル英単語】

comprise【動】含む
alone【形】単独で



Ninety-nine (23%) patients (including 26 on iv antibiotics) had their antibiotics stopped immediately on clinical grounds.

静注の26例を含む99例(23%)は、臨床的理由に基づきすぐに抗菌薬の使用が中止された。


【メディカル英単語】

immediately【副】直ちに、すぐに



The other 330 (77%) patients (including 139 on iv antibiotics) needed to continue antibiotics, although 47 (34%) could be switched to oral.

静注の139例を含むその他の330例(77%)は、継続投与が必要と判断されたが、47例(34%)は経口薬へ切り替えることができた。


【メディカル英単語】

continue【動】継続する

Eighty-nine (21%) patients were considered eligible for discharge, comprising 10 who would have required outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT), 55 who were suitable for oral outpatient treatment and 24 who had their antibiotics stopped.

89例(21%)は退院の基準を満たすと判断され、その内訳は外来抗菌薬静注療法(OPAT)が必要な10例、経口薬による外来治療の適応となった55例、抗菌薬の投与を中止した24例であった。

【重要英単語】

outpatient parenteral antibiotic therapy (OPAT):外来抗菌薬静注療法




CONCLUSIONS: Infection team review had a significant impact on antimicrobial use, facilitating iv to oral switch and a reduction in the volume of antibiotic use, possibly reducing the risk of healthcare-associated complications and infections.

結論:感染症チームが評価することで、静注から経口薬への切り替えが促進され、抗菌薬の使用量が削減するなど顕著な効果が認められ、さらに医療関連の合併症や感染症のリスク低減に繋がる可能性が示された。


【重要英単語】

facilitate【動】促進する

reduction【名】縮小する




It identified many patients who could potentially have been managed in the community with appropriate resources, saving 481 bed-days. The health economics are reported in a companion paper.

地域の適切な医療資源を活用することで管理可能と考えられる、多数の患者を見出すことができ、そのことで入院日数を481日減らすことが可能である。医療経済学的な知見に関しては姉妹紙に報告されている。


【重要英単語】

identified【形】確立された
potentially【副】潜在的に


posted by ホーライ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗菌薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)まとめ

【先週と今週のまとめ】

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

OBJECTIVE:

Patients and physicians often differ in their perceptions of rheumatoid arthritis (RA) disease activity, as quantified by the patient's global assessment (PGA) and by the evaluator's global assessment (EGA).

The purpose of this study was to explore the extent and reasons for this discordance.



METHODS:

We identified variance components for the PGA and EGA in RA patients who were starting therapy with methotrexate in an academic outpatient setting.

We analyzed predictors of the observed discrepancy in these measures (calculated as the PGA minus the EGA) and in their changes (calculated as the PGA (change) minus the EGA (change) ).



RESULTS:

We identified 646 RA patients, and among them, 77.4% of the variability in the PGA and 66.7% of the variability in the EGA were explainable.


The main determinants for the PGA were pain (75.6%), function (1.3%, by Health Assessment Questionnaire), and number of swollen joints (0.5%); those for the EGA were the number of swollen joints (60.9%), pain (4.5%), function (0.6%), C-reactive protein (0.4%), and the number of tender joints (0.3%).


Increased pain led to a discrepancy toward worse patient perception, while increased numbers of swollen joints led to a discrepancy toward worse evaluator perception, both explaining 65% of the discordance between the PGA and the EGA.

Likewise, changes in pain scores and numbers of swollen joints proved to be the main determinants for discrepant perceptions of changes in RA disease activity, explaining 34.6% and 12.5% of the discordance, respectively.



CONCLUSION:

The most significant determinants for the cross-sectional and longitudinal discrepancy between the PGA and the EGA are pain and joint swelling, respectively. Understanding the reasons for a discordant view of disease activity will help to facilitate the sharing of decision-making in the management of RA.






関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違

目的:

関節リウマチ(RA)の疾患活動性は、患者の全般的評価(PGA)および評価者である医師の全般的評価(EGA)によって定量化されるが、患者と医師の評価は異なることが多い。今回の研究目的は、この不一致の程度とその理由を調査することである。


方法:

我々は、研究病院でメトトレキサートによる治療を開始した外来のRA患者を対象とし、PGAおよびEGAにおいて相違が認められる項目を同定した。また、評価値の相違(PGA値-EGA値として算出)および評価の変化値の相違(PGAの変化値-EGAの変化値として算出)について、予測し得る因子を解析した。


結果:

646名のRA患者において、PGAの相違の77.4%、EGAの相違の66.7%が説明可能なものとして同定できた。


PGAに相違を生じさせる主な決定因子は、疼痛(75.6%)、機能(1.3%、健康評価質問票による評価)および腫脹関節数(0.5%)であった。一方、EGAでは、腫脹関節数(60.9%)、疼痛(4.5%)、機能(0.6%)、C反応性タンパク質(0.4%)および圧痛関節数(0.3%)が主な決定因子であった。


疼痛が増すと患者の評価結果が悪くなり、腫脹関節数が増えると評価者の評価結果が悪くなる傾向が認められた。これら両者で65%の不一致を説明することが可能であった。


同様に、疼痛スコアおよび腫脹関節数の変化が、RAの疾患活動性の変化値に相違を生じさせる主要な決定因子であることが明らかになり、それぞれ34.6%および12.5%の不一致を説明することが可能であった。


結論:

PGAおよびEGAに横断的、縦断的な相違を生じさせる最も重要な決定因子は、それぞれ疼痛および腫脹関節数である。疾患活動性を評価するときの不一致の理由を認識することは、RA診療方針を共有したうえで決定することを促がし、その一助となるであろう。



以上


posted by ホーライ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)

●●●今回取り上げる文献は・・・・・・(先週の続き)

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

英語論文:関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(その2)


RESULTS:

We identified 646 RA patients, and among them, 77.4% of the variability in the PGA and 66.7% of the variability in the EGA were explainable.

結果:

646名のRA患者において、PGAの相違の77.4%、EGAの相違の66.7%が説明可能なものとして同定できた。

【重要語彙】

identify 【動】同定する





The main determinants for the PGA were pain (75.6%), function (1.3%, by Health Assessment Questionnaire), and number of swollen joints (0.5%); those for the EGA were the number of swollen joints (60.9%), pain (4.5%), function (0.6%), C-reactive protein (0.4%), and the number of tender joints (0.3%).

PGAに相違を生じさせる主な決定因子は、疼痛(75.6%)、機能(1.3%、健康評価質問票による評価)および腫脹関節数(0.5%)であった。一方、EGAでは、腫脹関節数(60.9%)、疼痛(4.5%)、機能(0.6%)、C反応性タンパク質(0.4%)および圧痛関節数(0.3%)が主な決定因子であった。


【重要語彙】

Health Assessment Questionnaire 健康評価質問票

swollen【形】膨張した、腫れあがった





Increased pain led to a discrepancy toward worse patient perception, while increased numbers of swollen joints led to a discrepancy toward worse evaluator perception, both explaining 65% of the discordance between the PGA and the EGA.

疼痛が増すと患者の評価結果が悪くなり、腫脹関節数が増えると評価者の評価結果が悪くなる傾向が認められた。これら両者で65%の不一致を説明することが可能であった。

【重要語彙】

discrepancy【名】不一致、食い違い





Likewise, changes in pain scores and numbers of swollen joints proved to be the main determinants for discrepant perceptions of changes in RA disease activity, explaining 34.6% and 12.5% of the discordance, respectively.

同様に、疼痛スコアおよび腫脹関節数の変化が、RAの疾患活動性の変化値に相違を生じさせる主要な決定因子であることが明らかになり、それぞれ34.6%および12.5%の不一致を説明することが可能であった。

【重要語彙】

likewise【副】同様に

respectively【副】それぞれ、各々




CONCLUSION:

The most significant determinants for the cross-sectional and longitudinal discrepancy between the PGA and the EGA are pain and joint swelling, respectively. Understanding the reasons for a discordant view of disease activity will help to facilitate the sharing of decision-making in the management of RA.

結論:

PGAおよびEGAに横断的、縦断的な相違を生じさせる最も重要な決定因子は、それぞれ疼痛および腫脹関節数である。疾患活動性を評価するときの不一致の理由を認識することは、RA診療方針を共有したうえで決定することを促がし、その一助となるであろう。

【重要語彙】

facilitate【動】手助けとなる

decision-making【名】意思決定


posted by ホーライ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違(まとめ)

【まとめ】

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

OBJECTIVE:

Patients and physicians often differ in their perceptions of rheumatoid arthritis (RA) disease activity, as quantified by the patient's global assessment (PGA) and by the evaluator's global assessment (EGA).
The purpose of this study was to explore the extent and reasons for this discordance.


METHODS:

We identified variance components for the PGA and EGA in RA patients who were starting therapy with methotrexate in an academic outpatient setting.
We analyzed predictors of the observed discrepancy in these measures (calculated as the PGA minus the EGA) and in their changes (calculated as the PGA (change) minus the EGA (change) ).




関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違

目的:

関節リウマチ(RA)の疾患活動性は、患者の全般的評価(PGA)および評価者である医師の全般的評価(EGA)によって定量化されるが、患者と医師の評価は異なることが多い。今回の研究目的は、この不一致の程度とその理由を調査することである。


方法:

我々は、研究病院でメトトレキサートによる治療を開始した外来のRA患者を対象とし、PGAおよびEGAにおいて相違が認められる項目を同定した。また、評価値の相違(PGA値-EGA値として算出)および評価の変化値の相違(PGAの変化値-EGAの変化値として算出)について、予測し得る因子を解析した。



以上


posted by ホーライ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違

●●●今回取り上げる文献は・・・・・・

Discrepancies between patients and physicians in their perceptions of rheumatoid arthritis disease activity.

関節リウマチにおける患者と医師の疾患活動性評価の相違




OBJECTIVE:

Patients and physicians often differ in their perceptions of rheumatoid arthritis (RA) disease activity, as quantified by the patient's global assessment (PGA) and by the evaluator's global assessment (EGA).


目的:

関節リウマチ(RA)の疾患活動性は、患者の全般的評価(PGA)および評価者である医師の全般的評価(EGA)によって定量化されるが、患者と医師の評価は異なることが多い。

【重要語彙】

rheumatoid arthritis 関節リウマチ
disease activity 疾患活動性



The purpose of this study was to explore the extent and reasons for this discordance.

今回の研究目的は、この不一致の程度とその理由を調査することである。


【重要語彙】

extent【名】程度
discordance【名】不一致




METHODS:

We identified variance components for the PGA and EGA in RA patients who were starting therapy with methotrexate in an academic outpatient setting.

方法:

我々は、研究病院でメトトレキサートによる治療を開始した外来のRA患者を対象とし、PGAおよびEGAにおいて相違が認められる項目を同定した。


【重要語彙】

variance【名】相違
outpatient【名】外来患者 





We analyzed predictors of the observed discrepancy in these measures (calculated as the PGA minus the EGA) and in their changes (calculated as the PGA (change) minus the EGA (change) ).

また、評価値の相違(PGA値-EGA値として算出)および評価の変化値の相違(PGAの変化値-EGAの変化値として算出)について、予測し得る因子を解析した。


【重要語彙】

predictor【名】予測の判断材料、予測因子


posted by ホーライ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

2型糖尿病患者における全がん種および臓器特異的がんの発症率と予測因子(4)

For those aged ;45 years, the risk of all-cause cancer was elevated in type 2 diabetic men (IRR 1.23, 95% CI 1.04-1.45) and women (1.30, 1.06-1.59).

45歳以上では、あらゆる原因による発がんのリスクは、2型糖尿病の男性および女性患者で上昇していた(男性でのIRR 1.23、 95% 信頼区間 1.04〜1.45、女性でのIRR 1.30、95%信頼区間1.06〜1.59)。


【重要語彙】

elevate【動】高める




For colorectal cancer, the incidence was increased, especially in diabetic men aged 75-84 years (2.14, 1.22-3.64).

結腸直腸がんにおいても糖尿病患者で発症率が高く、特に75〜84歳の糖尿病男性患者で発症率が増加していた(IRR 2.14、95%信頼区間 1.22〜3.64)。


【重要語彙】

colorectal cancer 結腸直腸がん
incidence【名】発生率
especially【副】特に



Age at diabetes diagnosis (sub-hazard ratio 1.05, 1.02-1.09), calcium channel blocker therapy (2.37, 1.39-4.06), recent exercise (2.11, 1.06-4.20) and serum total cholesterol (0.68, 0.52-0.88) increased colorectal cancer risk.

結腸直腸がんのリスクを増加させる因子として、糖尿病と診断された年齢(サブハザード比1.05、 95%信頼区間 1.02〜1.09)、カルシウムチャンネル遮断薬の服用(サブハザード比2.37、95%信頼区間 1.39〜4.06)、最近の運動量(サブハザード比2.11、95%信頼区間 1.06〜4.20)、血清総コレステロール(サブハザード比0.68、95%信頼区間 0.52〜0.88)が同定された。


【重要語彙】

diagnosis【名】診断
serum total cholesterol 血清総コレステロール




Diabetic men had a similar risk of prostate cancer to that in non-diabetic males but metformin therapy increased the risk (2.16, 1.19-3.90), while fasting serum glucose and albuminuria were associated with reduced risk.

糖尿病男性患者の前立腺がんのリスクは非糖尿病の男性と同等であったが、メトホルミンの服用はリスクを増加させていた(サブハザード比2.16、95%信頼区間 1.19〜3.90)。
一方、空腹時血糖とアルブミン尿はリスク低下と関連していた。


【重要語彙】

prostate cancer 前立腺がん
non-diabetic【形】糖尿病にかかっていない 
fasting serum glucose 空腹時血糖




CONCLUSIONS: Type 2 diabetes is associated with a moderately increased cancer risk, especially colorectal cancer in older men, in well-characterised community-based patients and matched controls. Recommended cancer screening should be considered as part of routine diabetes management.

結論:被験者背景が十分に特定された地域住民において、2型糖尿病症例とそれにマッチングさせた対照例の比較では、前者のがんの発症リスクが中程度に増加し、特に高齢男性の結腸直腸がんのリスクが顕著であった。
推奨されているがんスクリーニングは、糖尿病診療でのルーティン検査として一考に値する。


【重要語彙】

associate with 連合する 容易に結びつけられる
screening【名】スクリーニング(症状が現れる前に病気を発見するための検査)
consider【動】考察する、検討する
posted by ホーライ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。